ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

牧場生活を楽しむRPG『Stardew Valley』日本語版が発売予定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ゲーム配信プラットフォームのPLAYISMは、東京ゲームショー期間中に行われたメディア向け発表イベントにて、牧場生活RPG『Stardew Valley』の日本語版配信を行うことを発表した。配信時期は2016年内にPC版リリースを予定。また、2017年の早い段階にはコンソール版への展開も考えているとのこと。
 

 
『Stardew Valley』は、インディーゲームディベロッパー「ConcernedApe」によって開発された作品。『牧場物語』などに影響を受けた牧場生活RPGとなっており、現在Steamにて英語版が配信されている。
 

 

 

 

 
本作は田舎の生活を楽しむRPG・シミュレーションゲームとなっており、都会の会社生活に嫌気が差した主人公が、田舎町の新しい住人としての生活を始めるところからスタートする。住人には畑が割り振られており、作物を育てることができる。そのほかにも町の住人との交友や結婚など、様々な関係を育むことができる。ローカライズは順調に進行中とのことで、今後の進展を待ちたいところだ。

関連記事:

インディーゲームはアジアも熱い!東京ゲームショーで見つけた台湾・韓国・中国の作品5選
『ゼルダ』「ジブリ」の影響が息づく『Hyper Light Drifter』。世界観を彩るサントラが配信!
「命」を削ってアイテムを買うローグライク風RPG『グレナサクリファイス』がダウンロード販売中

カテゴリー : ゲーム タグ :
もぐらゲームスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP