体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

浜田麻里、“天命”をまっとうする熱演がついに放映!

浜田麻里が5月29日に東京国際フォーラムAにて開催した公演の模様が、9月25日(日)の21:00からWOWOWで放映されることがわかった。
浜田麻里 (okmusic UP's)
自身のキャリアにおける新たな金字塔にもなったアルバム『Mission』に伴う全国ツアーは、チケットが各地で早々とソールドアウト。その模様ということで、ファン必見の内容であることは間違いない。同ツアーに関するインタビューも到着したので、併せてチェックしてみよう。

――今回のツアーは、“歌は天職、使命である”という、かねてから抱いていた想いを具現化したタイトルが冠された『Mission』を引っ提げてのものでしたが、今、どのように振り返りますか?

浜田:やっぱりテクニカルさとか、そういう意味でもかなりのところまで突き詰めたアルバムでしたので、正直、それをライヴで再現するには……再現とはいえ、音源とステージは別物ではあるんですけど、基本のコンセプトを変えずに、よりライヴらしい、いいものにするのは、かなり大変だったんですよね。でも、個々のミュージシャンの頑張りにも助けられて、何とか合格ラインに持っていけたかなみたいな(笑)。だから、いつも以上に準備もしっかりしたと思いますし、リハーサルも喧々諤々ありつつ最終日を迎えたわけなんですけど、とりあえず、自分の納得のいくラインにはいけましたね。終えてみて、まずバンドのメンバー、スタッフには感謝の気持ちでいっぱいです。それと、お客様がほんとに各所、素晴らしくて。安心感を持って、見守られながら(笑)、完遂できたかなって。特に『Mission』のツアーは、それを感じましたね。あとはやっぱり、この年代になって、あれだけハード系のアルバムを作り、ツアーをやっている自分にすごく驚きも感じるというか(笑)。

――それはまた意外にも思えますね(笑)。

浜田:いえいえいえ(笑)。今はそれが当たり前になってますけど、20代、30代の頃には、想像もできなかったですしね。今の年齢になった時に、歌ってないとはもちろん思ってなかったですけれども、例えばジャズ系とか(笑)、子供の頃にやっていたスタジオミュージシャンに戻るとか、そんな感じの活動なんだろうなと思っていたんですよ。ところが、今もこれだけのハードな音楽でステージをやっているんですよね。

――確かにそうかもしれませんね。しかも、現在はキャリア最高レベルのハードな音楽をやっているのではないかとも思いますし。

浜田:ええ。そういう意味でも、まったくそれは想像も付かないことでしたからね。

――ツアーを経てみて、『Mission』というアルバム自体の見え方が変わることもありました?

浜田:アルバムについては、当初からある程度の実感を持ちながら、一個一個の作業をしているので、その変化というのは特にはないですね。まぁ、メンバーには“難しくてすみません”って感じでしたけど(笑)、ツアーに向けてはいろんな方法で、まず演奏の完成度を高めるためにほんとに一からやったという感じですね。

――今回はトリプルギター編成で行なわれたことも、新たな試みでしたが、ツアーが計画された当初は、この構想は決まってはいませんでしたよね?

浜田:まぁ、どうしようかなという感じで、ちゃんと決断できないまま、『Mission』というアルバムを完成させたんですね。その頃には、少しそれは頭にありつつだったんですけれども。その点でも、すごく自分でも面白かったですね。高崎(晃)さんや松本(孝弘)くんに、2~3曲ゲスト参加してもらったことはありますけど、こういう形態でしっかり3人というのは初めてでしたので、新鮮でした。

――それは、より再現性を高めるという目的だったのですか?

浜田:具体的に言うなら、やはり、彼(若井望。楽曲提供のみならず、演奏、サウンドディレクターとして『Mission』に参加)がいたからということですね(笑)。『Mission』のことも分かっていつつ、ハードギターの部分を担当してもらえる。もちろん、増崎(孝司)くん、藤井(陽一)くんラインでもできることなんですけれど、より『Mission』らしいところにいけるかなということで。

――なるほど。今回のセットリストの組み方も興味深かったのですが、各地ともオープニングに配されていたのは、アルバム1曲目の「Sparks」ではなく、「Monster Wave」でしたよね(7月18日に行われた東京国際フォーラムでの追加公演は「Sparks」で始まった)。これはどういった狙いだったのでしょう?

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。