ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

虹彩認証機能を搭載したスマートフォンの出荷台数が2021年までに年間3億台規模に増加するとの予測

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ABI Research は 9 月 21 日、虹彩認証機能を搭載したスマートフォンの出荷台数が今後急増し、2021 年までに年間 3 億台規模に達するとの予測を発表しました。虹彩認証は、眼の組織の一つで個人によって異なるパターンの虹彩をによって本人確認を行う生体認証機能で、偽装が困難なことから指紋認証よりも安全性が高いと言われています。既に虹彩認証機能を搭載したスマートフォンは富士通や ZTE、Samsung から発売されていますが、その機種数はまだ数えられるほどなのでマイナーな存在です。最近の採用例としては、発火問題で話題となっている Galaxy Note 7 が挙げられます。メジャーな機種に搭載されたことで追従する企業が増え、今後、採用機種も増えていくと予想されます。。現在のスマートフォン世界出荷台数が 11 ~ 12 億台なので、2021 年には 3 ~ 4 台に 1 台は虹彩認証機能を搭載していることになりそうです。Source : ABI

■関連記事
Android 7.0にアップデートした一部のNexus 5Xで頻繁にリブートする現象が報告される
Google Pixelオブジェがドイツやオーストラリアにも設置される
Google Pixel / Pixel XLはIP53レベルの防沫・防塵に対応しているらしい

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP