体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夏の魔物、初のバンド編成ライヴでエモさ倍増のパフォーマンス-OTOTOYライヴレポ

夏の魔物、初のバンド編成ライヴでエモさ倍増のパフォーマンス-OTOTOYライヴレポ

9月16日(金)恵比寿リキッドルームにて、夏の魔物が初めての生バンドによるライヴを行い、1stアルバムの楽曲を披露した。

〈夏の魔物ファーストアルバム発売記念「夏の魔物現象 2016」10th ANNIVERSARY BOM-BA-YE〉と題して行われたこの日のイベントは、クロユリfrom夏の魔物から始まり、生ハムと焼うどん、ベッド・イン、大森靖子、人間椅子という豪華なラインナップがライヴを行ったほか、吉田豪×大槻ケンヂ×成田大致によるトークショーも行われ、さながら“プレ・夏の魔物”といった内容となっていた。

夏の魔物のライヴ前には、くるりやミッシェル等、本日お披露目される「魔物BAND(ウエノコウジ、森信行、越川和磨、ハジメタル)」のメンバーがかつて所属していたバンドの曲がBGMとして流れ、否応なく気分が盛り上がる。果たして、夏の魔物初のバンドライヴはどうなるのか?

人間椅子のライヴが終わり、「今年も夏の魔物に行こうー!」という和嶋慎治の呼びかけに「ウォ~!」と応える野太い声。しばらくすると場内が暗転して「ダンダンダダン!」と「PRIDE」オープニング風のイントロに田中リングアナのアナウンスが続き、“Are you ready!?”の掛け声を合図に“魔物、ボンバイエ! 魔物、ボンバイエ!”のリフレインがリキッドルームを支配する。

成田大致、大内雷電がかつて組んでいたバンドでロードウォリアーズの衣装で入場してきた日から4年。この日のリキッドルームには、成田大致、大内雷電、ケンドー・チャン、塚本舞、アントーニオ本多、鏡るびいの6人がいる。ついに集まった仲間たちと立つ初めての大舞台に、1曲目「魔物、BOM-BA-YE ~魂ノ覚醒編~」を歌い出したメンバーたちはいつも以上にテンションが高かった。その先にあるのは、推しメンのサイリウムをかざすたくさんのお客さんたちだ。“Everybody Say Yeahー!!”“10周年Yeahー!!”と目を見開いて煽る成田。立て続けに歌われた「東京妄想フォーエバーヤング」は先日、今年の「夏の魔物」のトリを務めることが発表された、曽我部恵一が作曲した2ndシングルだ。クロユリfrom夏の魔物もバックで華やかに踊り、ライヴは早くもクライマックスを迎えたような盛り上がりぶり。

リリパらしくおめでたく進んでいたライヴだが、不穏な音楽が流れ出して一転する。機械獣がなんとROLLYを抱えてステージに姿を現したのだ。ROLLYの頸動脈を絞める機械獣、たまらずROLLYはダウン。アントーニオ本多が敵を討つべく、機械獣に闘志をむき出しにすると塚本舞の「今日のファイティング・ミュージックは、爆裂レボリューション!」の声に合わせてライヴが再開、メンバーがステージで歌い踊る間、客席でエクストリームファイトを行うアントン。観客もアントンボディをリフトして加勢、曲が終わる頃には蘇生したROLLYが夏の魔物スペシャルを決めて夏の魔物の勝利! そして、ROLLYが作曲した、「恋の天国はケモマモハート」をROLLY自らギターを弾いてパフォーマンスだ。両サイドのボーカル、ケンドー・チャンと塚本舞がハイトーンボイスを競い合うように歌うと、ROLLYの超絶技巧ソロが冴え渡る。アントーニオ本多もROLLYと向かい合い陶酔しているようだ。この曲でのアントーニオ本多のスクリーム、「WEBでチェック!」も無責任な感じで最高だ。

と、ここまではいつもの夏の魔物。暗転してしばし沈黙が続くと、ピアノの旋律と共にいよいよ、「魔物バンド」が登場! キーボードのハジメタル、ベースのウエノコウジ、ドラムの森信行、ギターの越川和磨が夏の魔物メンバーの背後に陣取って、「未来は僕等の風が吹く」の演奏がはじまった。歴戦のツワモノをバックにしたメンバー6人も緊張と喜びの入り混じった表情に見える。間奏では黒いセミアコを抱えた越川がステージ前に出てソロを取ると観客も手を伸ばし大歓迎だ。「SUNSET HEART ATTACK」では、森とウエノのリズム隊のかなり重たく太いビートが曲に過激さと共にダークな音像を創り出し、より一層エモーショナルな印象を与えた。横一列に並んだメンバーの中、アントーニオ本多、成田、大内がサビを熱唱するシーンは男性メンバー3人の固い絆を感じさせるようでかなりグッとくるものがあった。「バイバイトレイン」では作詞者の大槻ケンヂがサングラス姿でステージに登場して成田と肩を並べて歌った。よく考えたら、オーケンがこのバンドで歌っているのも超貴重だ。最後は“チョキ”ポーズで決め、「みんな夏の魔物に行こうぜー!」と手を振りながらステージを降りた。

1 2次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。