体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

flumpoolがニューシングル「FREE YOUR MIND」の全貌解禁

flumpoolが11月2日にニューシングル「FREE YOUR MIND」をリリースすることを発表した。
flumpool (okmusic UP's)
今回のシングルは、初回限定盤、通常盤、さらにオフィシャルファンクラブINTERROBANG会員限定のINTERROBANG ONLY EDITION“INTERRO盤”の3形態でのリリースとなる。

今回の表題曲「FREE YOUR MIND」はデジタルサウンド×ロックサウンドが融合した壮大なダンスナンバーに、全てを超えて人と世界が繋がっていくということをテーマに解放力のあるメッセージが込められた楽曲に仕上がっている。

なお、この楽曲は「スカパー!オンデマンド」CMソングに決定しており、10月下旬から全国地上波でオンエア予定。

また、初回限定盤・通常盤のアートワークと新たなアーティスト写真も公開された。 華やかだが毒のある世界と、解放された日常の世界。フェンスによって隔てられているけども、確かに繋がっている2つの世界を、1枚のコラージュで表現している。

初回限定盤には、今年アルバムをリリースして行われた5万人を動員した全国ツアー『WHAT ABOUT EGGS?』のファイナル公演からメンバーのセレクトによって選ばれた全10曲をフルコーラスで約60分間にわたり収録されたDVDが付属する。

INTERROBANG ONLY EDITION“INTERRO盤”は、flumpool初の試みとして、ファンクラブ会員だけが購入することができる完全特別盤に。ファンクラブサイトより登録した自分の名前がジャケットにプリントされた世界にひとつだけの「ネーム入りオリジナルアナザージャケット」仕様となっている。

さらに、11月より開催される『official fan club ”INTERROBANG” 会員限定Tour』のライヴハウス公演となる『INTERROBANGだョ! 全員集合 ~もしもflumpoolが高校生だったら~』のマストアイテム、メンバープロデュース「INTERROBANG大学附属高等学校 校章ピンバッジ」「INTERROBANG大学附属高等学校 生徒手帳」が同梱。 生徒手帳には、このために作られたINTERROBANG大学附属高等学校 校歌も掲載されている。

こちらの商品は、アーティストオンラインショップ「A!SMART(アスマート)」での受注生産となる。9月19日から10月12日23時59分まで受け付けているので、お早めに。

また、店舗特典として、タワーレコード・TSUTAYA RECORDS・amazonではビジュアル違いのオリジナルポストカード、その他CDショップではオリジナルロゴステッカーが付属するので、こちらも要チェックだ。

11月はニューシングルのリリースから始まり、ファンクラブツアーの開幕。12月31日には地元大阪城ホールでの単独カウントダウンライヴと、2016年も年末まで駆け抜け続けるflumpool。今後発表されるであろう2017年の活動にも注目が集まる。

シングル「FREE YOUR MIND」
2016年11月2日(予定)

【通常盤】(CD)

AZCS-2057/¥1,200+税

【初回限定盤】(CD+DVD)

AZZS-55/¥2,000+税

【INTERROBANG ONLY EDITION “INTERRO盤”】

AZNT-32/¥2,000+税

・ネーム入りオリジナルアナザージャケット

・INTERROBANG大学附属高等学校 校章ピンバッジ

・INTERROBANG大学附属高等学校 生徒手帳

<収録曲>

■CD

01.FREE YOUR MIND

02.ムーンライト・トリップ

03.labo (live at FM802 MEET THE WORLD BEAT 2016)

04.Blue Apple & Red Banana (live at SWEET LOVE SHOWER 2016)

■DVD ※初回限定盤のみ

「flumpool 7th tour 2016『WHAT ABOUT EGGS?』」at 東京国際フォーラム Special Selection

LIVE OPENING

01.解放区

02.Sprechchor

03.DILEMMA

04.絶体絶命!!!

05.産声

06.夜は眠れるかい?

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。