体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【肉+スパ+飯】セミオーダー制トルコライス! パーツを組んで大人のお子様ランチ勝負

f:id:Meshi2_IB:20160826161547j:plain

わんぱくな大人のお子様ランチ

大人のお子様ランチとも言われるトルコライスをご存知でしょう。

定義としては「トンカツ、ピラフ、スパゲティを一皿に盛ったワンプレートご飯」です。なんともわんぱくな食べ物です。

長崎のご当地グルメでありまして、名前の由来は諸説ありますが、国のトルコとは関係ないとのこと。

高田馬場駅から早稲田通りを5分くらい歩いたところに気になる看板があります。

ここが「たまき食堂 高田馬場店」となります。

f:id:Meshi2_IB:20160826161556j:plain

飯、スパ、肉。

トルコライスの3つのエレメントを自分で選んで注文できる仕組みのようです。

たとえば「ピラフ+ミートソース+鶏のからあげ」とか「カレーライス+カレースパ+煮込みハンバーグ」というふうに、好きな構成のトルコライスが楽しめるんですな。

さながらパーツを選んで自分好みのマシンを作れるBTO方式、セミオーダー制のトルコライス屋さんです。なんというか、四輪駆動の自動車のオモチャ、あるいはベーゴマのアレをほうふつとさせる燃えるシステム。

ならば。

f:id:Meshi2_IB:20160826161553j:plain

パーツを選んで最強のトルコライスを作る勝負をしましょう。

そういうことで集まってもらったのは、ご当地である早稲田大学理工柔道部・柔道会の面々です。左より、部長の向山さん、渡辺さん、1年の原さん、3年の原さん。

食いしん坊を集めました。

紙に書いてパーツ注文するセミオーダー方式

f:id:Meshi2_IB:20160826161531j:plain

このメニューから肉・スパ・飯のパーツをチョイスして。

f:id:Meshi2_IB:20160826161536j:plain

盛りのサイズを選んで食券を買うのです。

小盛 (690円)、並盛 (790円)、中盛 (890円)、大盛 (990円)、特盛 (1,190円)、特大 (1,390円)。

f:id:Meshi2_IB:20160826161534j:plain

オーダーのシステムは、組み合わせたいパーツをマルで囲んで注文です。

f:id:Meshi2_IB:20160826161535j:plain

勝負の世界に生きる早稲田大学理工柔道部・柔道会のみなさんはこの段階からウンウンと悩んでいます。負けたくないという強い気持ちを感じます。なんか楽しそうですが、これは真剣勝負ですよ。

それではあらためて本日のエントリープレイヤーをご紹介しましょう。

f:id:Meshi2_IB:20160826161527j:plain

部長でもある向山さん。3年生。柔道二段。100kg級。得意技は大外刈。トルコライスはパワーで押していくスタイルです。

f:id:Meshi2_IB:20160826161521j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。