ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1〜100度で温度キープ!お湯も沸かせるタンブラー「CELSIUS」はアウトドアで活躍しそう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

保温・保冷機能付きのタンブラーはすでに一般的なものとなっている。オフィスでコーヒーを飲むのに使っている読者も多いのではないだろうか。

そのタンブラーをさらに進化させたタイプが、クラウドファンディングサイトKickstarterに登場した。保温機能に加え、お湯を沸かしたりすることもできる「CELSIUS」だ。

・好きな温度に設定

CELSIUSの外観は普通のタンブラーだが、下部に温度を表示するパネルと温度調整ボタン、そしてマイクロUSBポートが付いている。

機能は主に2つ。温度維持と加温だ。飲み物を入れてその温度をキープしてもいいし、冷えたものを必要に応じて温めるということもできる。

なので、屋外でも簡単に飲料やスープなどを温められ、お湯を沸かしてコーヒーをいれたりカップラーメンを食べたりすることもできる。

・温度は1〜100度で調整可能

また、CELSIUSにはインフューザーバスケットが付いていて、ここに食品を入れられるようになっている。

このバスケットを使って果物を冷やしたり、野菜を蒸したりすることも。卵を入れてゆで卵を作ってもよさそうだ。ちょっとした料理に使え、キャンプなどで活躍しそう。

ちなみに、温度は1〜100度で調整でき、容量は590mlとなっている。

・フル充電で3回使用可能

CELSIUSは充電式で、1回の充電で3回の使用が可能。デスクワーク時には、パソコン経由で充電するのもありだ。

オフィスで、アウトドアでと活躍の場が多そうなCELSIUS、現在Kickstarterでは2つ1セットが39ドル(約4000円)の出資で入手できる。出資期限は10月12日。

CELSIUS/Kickstarter

https://ksr-video.imgix.net/projects/2249269/video-697554-h264_high.mp4

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP