ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GoPro用カメラスタンドならコレ!18のアングル調整可能で、なんとレゴブロックと連結もできる!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アクションカメラ市場を席巻している「GoPro」だが、その性能を最大限生かすのにピッタリなスタンドが、クラウドファンディングサイトIndiegogoに登場している。

・GoPro用マルチスタンド登場!

「SLOPES Black」はマルチ機能のGoPro用スタンドで、GoPro Hero4、GoPro Hero3+、GoPro Hero3、GoPro Heroなど、幅広いバージョンに対応。

取り付け楽々で、手元でさまざまなアングル調整ができ、360度のパノラマ撮影もサポート。スグレモノのスタンドだ。

・18パターンのアングル調整ができる

「SLOPES Black」の架台は、人物、風景、前面、背面という4パターンの設置方法に対応している。また、5面の立方体になっている底部は、0度、30度、40度(小)、40度(大)、45度の5つのポジションアングルに対応。これらの組み合わせで、18ものアングル設定を自在におこなえる。うまく調整してベストショットを撮影しよう。

設置は挿し込んでセットするだけというお手軽さで、ネジやドライバーは不要。わずか2秒で完了する。

各セット位置には、スロープの角度が数字で記載されているので、誰にでもわかりやすいのもいいところ。

本体のサイズは長さ73、幅66、高さ32ミリメートルで重さは23グラム。超スリムなボディなので、地面やフェンス、岩棚など、あらゆるところに設置しやすい。耐水性、耐塵性の仕様で、屋外でも安心して利用できる。

・パノラマ撮影にも対応

専用の「NodeAnchor」という小さな立方体ツールが用意されていて、これを底部にはめ込み、さらにスタンドをセットすれば、360度のパノラマ撮影も可能だ。

・レゴブロックとジョイントも

実は、「SLOPES Black」の底部にはいくつかの穴が設置されている。砂地や雪の上に配置する際に役立つだけでなく、なんとレゴブロックとジョイントできるようになっているのだ。

ブロックを組み立ててトラックをつくり、“走るカメラスタンド”で写真撮影が可能になるなど、使い方次第で無限の可能性を秘めている。

すでに目標金額5千ドルを突破。15ドル(約1520円)+配送料金で予約受付中。

SLOPES Black

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP