ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リー・リトナー「類を見ない!」と東京で驚いたこと

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE金曜朝6時からの番組「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」(ナビゲーター:ジョン・カビラ)。9月9日のオンエアでは、来日中のギタリスト、リー・リトナーさんが登場しました!

20代の頃から日本を訪れているというリトナーさん。今回はL.Aから日本まで来てくださったそうです。

「東京でパフォーマンスしたいというのが、欧米ならず世界中のアーティストの意見なんですよ。本当に東京はコスモポリタン。常に変化していて素晴らしい!」と、東京について話してくれたリトナーさん。さらに、こんなお話も。

「東京の素晴らしいところは、ブルーノート東京などで演奏をして、会場を見ていると、私と一緒に育った同世代の人もいれば、若い世代の人たちもいて一緒に成長してくれている。これは世界でなかなか類を見ないような現象。それが今、日本で起こっているんです」(リトナーさん、以下同)

そんな若者や若いアーティストが、60〜80年代の音楽をリスペクトしてオマージュする姿も目の当たりにして、「オリジナルの…それもデビューアルバムの曲を含む数曲、それから3曲の新曲を、自分なりの解釈で今度は“自分の曲”に手を入れてみたんだ」とのことです。それが最新アルバム「A Twist of Rit」。「A Twist of Jobin」、「A Twist of Marley」、「A Twist of Motown」と続く第4弾にして、“Rit”つまり、リトナーさんご自身にフォーカスした1枚です。

最後には、「Rio Funk」をスタジオで生演奏していただいた上、ジャズ・スタンダード曲「Willow Weep for Me」をミックスしたアレンジで…というスペシャルなサービスに、カビラも「ブラボー!」と感激! 贅沢な生演奏をオンエアしました。

リトナーさんは、9月11日(日)〜14日(水)まで、ブルーノート東京で公演を控えています。11日は、「シックス・ストリング・セオリー・コンペティション」という、リトナーさんが手がける世界の若い才能を発掘するプロジェクトの公演。そして、12日から14日までは、リトナーさんのバンドの公演です! どんなライブになるのか楽しみですね!

ライブに行けない人は、ぜひ「A Twist Of Rit」をチェックして聴いてみてください!

【関連サイト】
「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP