ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、「ギガモンスター」のサービス内容を一部変更してKDDIに合わせる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは 9 月 9 日、今月 13 日より始める大容量データ通信プラン「ギガモンスター」のサービス仕様を一部変更し、KDDI が 9 月 15 日より提供する「スーパーデジラ」に合わせました。ソフトバンクが変更したのは、繰り越し容量とテザリングオプションの料金です。当初、繰り越し可能なデータ容量は月 5GB まででしたが、改定により当月余った分を翌月に繰り越せるように変更されました。テザリングオプションについては、基本は月額 1,000 円かかりますが、ギガモンスターの開始から 2017 年 4 月末までの間はキャンペーンで無料にになりました。今回の変更は、サービス内容を KDDI の「スーパーデジラ」に合わせたというもので、おそらく、NTT ドコモもこの内容で出してくると予想されます。Source : ソフトバンク

■関連記事
Android用「ウィルスバスターモバイル」がv8.0にバージョンアップ、LINEの不正URLチェック機能やアプリの脆弱性チェック機能、保護者向けのアプリ起動制限機能などが追加
プリンストン、ボタンの操作だけで簡単にスマートフォンでの警報や緊急連絡が行える「みまもりホイッスル」を発表
K-GOLDインターナショナル、高級ブランドバッグのレンタルアプリ「SHAREL」の月額定額料金を値下げ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP