ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

最短0.1秒の高速AFを実現 リコー光学10.7倍ズームを搭載したデジカメ『CX6』発売

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
RICOH CX6

リコーは、新オートフォーカス(AF)システムを搭載し最短0.1秒を実現したコンパクトデジタルカメラ『CX6』を12月3日に発売します。光学10.7倍(28~300mm)広角・高倍率ズームレンズを、厚さ28.5mmのコンパクトボディに搭載。従来比で約1.7倍明るい高輝度液晶モニターを採用しています。ボディーカラーは、ブラック、シルバー、ピンクの3色をラインナップしました。

『CX6』は、前機種『CX5』で採用したハイブリッドAFシステムをハードソフト両面から改良。広角28mmだけでなく、望遠300mmでも最短AF合焦時間を0.1秒まで短縮しました。ズーム全域において、一瞬のシャッターチャンスも逃しません。連写メニューに「AF連写」を追加し、動きのある被写体でも毎秒最大3コマのスピードでピントを合わせ続けます。

液晶モニターには約1.7倍(従来比)明るい高輝度モニターを採用。屋外での視認性を向上しました。また、被写体の明るさに応じて、カメラが自動的に輝度を調整する機能を追加。撮影環境の変化による視認性の低下を抑えます。

93mm以上の望遠撮影の際、液晶モニターに小画面を同時に表示する「ズームアシストモニター」を搭載。フレーミングしている位置を常に確認できるようになり、望遠撮影が使いやすくなります。また、モードダイヤルに「絞り/シャッタースピード優先モード』を追加。「開放」「小絞り」の選択によって、「マクロ撮影時に被写体を際立たせたい」「動きのある被写体の一瞬を切り取りたい」という撮影にも対応可能です。

『CX』シリーズでは初めて、動画専用のレリーズボタンを追加。オートフォーカスやズーム機能も搭載し、クオリティの高い動画撮影ができます。また、短い動画撮影に特化した「スナップ動画撮影」機能と、カメラ上で動画分割/再生ができる機能を使えば、手軽に動画作品を作って視聴できます。

カメラ部有効画素数は約1000万画素、撮影素子は1/2 3型CMOS、レンズは焦点距離f=4.9~52.5mm、F3.5(広角)~5.6(望遠)、ISO100~3200、3.0型透過型液晶モニター搭載(約123万ドット)、サイズはW103.9×H58.9×D28.5mm、重さ201g(電池、メモリーカード含む)。価格はオープンですが、予想価格は4万5000円前後。
 

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。