ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「BlackBerry Hub」でメジャーアップデートが実施、ウィジェットや印刷をサポートなど

DATE:
  • ガジェット通信を≫

BlackBerry が、通話やメールなどの各種情報を一元管理できる Android アプリ「BlackBerry Hub」のメジャーアップデートを行いました。今回のアップデートでは、アプリの対応 OS バージョンが Android 5.0 以上に拡大し、新たに BlackBerry Hub+ サブスクリプションにも対応しました。機能面では、「Hub ウィジェット」が新たに追加され、ホーム画面から Hub の情報を確認できるようになったほか、BlackBerry ランチャーの場合にはポップアップウィジェットでも情報を確認できます。次に、E メールの署名で HTML をサポートし、Android の印刷フレームワークへの対応によって印刷したり、PDF 化が可能になりました。さらに、通知からメールを開いた後に「戻る」ボタンを押すとメールの一覧に戻るようになったり、各ビューから「戻る」ボタンを押した場合でも各ビューの一覧が表示されるなど操作性が改善されました。「BlackBerry Hub」(Google Play)

■関連記事
「BlackBerryキーボード」が日本語入力をサポート、「BlackBerryランチャー」など主要アプリが他社のスマートフォンにもインストール可能に
「BlackBerry Hub+サービス」の対応機種がAndroid 5.0以上に拡大、他社スマートフォン向けの有料サービスもはじまる
Samsung、新型Galaxy Folderを中国で発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP