ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国銀行、公共料金等をスマートフォンだけで支払える新アプリを2017年1月にリリースへ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国銀行は 9 月 8 日、大日本印刷と共同で、ガス代や電気代などの公共料金をスマートフォンだけでクレジットカード決済できる新アプリのリリースを発表しました。アプリは 2017 年 1 月にリリースされる予定で、それ以降に本サービスが利用可能になります。サービスの流れは、リリースされるアプリで検針票などのお客様番号をスキャンし、中国銀行発行のクレジットカード番号を入力して決済すると、公共料金の支払が完了するというものです。これにより、毎月郵送される請求書を持ってコンビニへ行くことなく公共料金などを支払うことが可能になります。24 時間対応なのでいつでも決済可能です。アプリは、Android 版と iOS 版がリリースされる予定で、Android 版は Android 4.0 以上に対応しています。ほぼすべての Android デバイスで利用できるというわけです。同行はアプリ名をまだ決定しておらず、インターネットで募集しています。 10 月 7 日までにアイデアを応募した人の中から抽選で 50 名には、電子マネー 500 円分がプレゼントされます。Source : 中国銀行アプリ名募集

■関連記事
「HTC BOLT」はHTCの新型スマートフォン?
「ポケモンGo」がApple Watchに対応、「ポケモンGoプラス」も9月に発売予定
Google、Android用YouTubeのタブを下に移動、新UIを提供開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP