ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Android 7.0 Nougatで実施したセキュリティ対策の概要を公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が Android の開発者向け公式サイトで、先日リリースされた「Android 7.0 Nougat」で実施したセキュリティ対策の概要を公開しました。Google は Android 7.0 でシステムの根本から改良するなど、様々なセキュリティ対策を実施していますが、中でも特出されたは、ダイレクトブートとファイルベースの暗号化のサポート、ハードウェアレベルのキーストアの必須条件化、MediaServer とプロセス処理の再設計と強靭化です。ダイレクトブートは、端末が起動してパスワード等での認証を行う前に、電話やメール、アラームなどの一部の登録アプリを利用可能にする仕組みです。寝ている間に再起動しても着信やアラームが正常に機能するようになります。ダイレクトブートでは Android 7.0 に追加されたファイルベースの暗号化を利用して、アプリデータに対してきめ細かな暗号化ポリシーを設定できるようになります。端末が起動している間には、アプリやデータへの一般的なアクセスを制限する「制限モード」になるので、他のデータにはユーザーが端末のロック画面を解除(暗号化を解除)するまで利用できなくなります。また、Android 7.0 では ARM TrustZone を代表とするハードウェアレベルのキーストアの実装が必須となっており、ログインパスワードや指紋等の認証用データはハードウェアで守られた領域で保管されます。このほか、ブート時に不正な改変をチェックする Verified Boot におけるブート防止の強制化、SELinux の更新、ライブラリのロード順のランダム化と ASLR の改良、カーネルにおけるメモリ保護の向上といった対策も講じています。Source : Google

■関連記事
Google、ヌガーやドロイド君の壁紙4枚を無料配布中
Google、2016年9月のセキュリティパッチの詳細を公開
Samsung、欧州向けGalaxy S7 / S7 edgeに9月のGoogleパッチを含むアップデートを配信開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP