ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2PM/GOT7/TWICEなどK-POPアーティストが集結【JYP Nation】大盛況で幕

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 韓国のエンターテインメント会社・JYP Entertainment所属アーティストが大集結するライブ【2016 JYP NATION CONCERT“MIX&MATCH”IN JAPAN】。2016年9月2日から3日間、2年振りに東京・国立代々木競技場第一体育館で開催され、大盛況のうちに幕を閉じた。

 まずは、出演するアーティストがステージと花道の様々な場所から1組ずつ登場し、最後にプロダクションオーナーであり、アーティストであるJ.Y.Parkがセンターステージにリフトアップで登場。自身の大ヒット曲「Honey」を総勢39人の全アーティストで披露した。

 【JYP Nation】初出場の9人組ガールズグループ・TWICEはまず「Cheer Up」を披露。関西出身の日本人メンバーであるミナが「【JYP Nation】初出場で、こんな素敵な先輩たちと同じステージに立てて本当に光栄です! 最後まで楽しんで帰ってください!」と関西弁で話した。TWICEはその後、ニックン(2PM)、ジニョン(GOT7)、マーク(GOT7)とともに彼女たちのデビュータイトル曲「Like OOH-AHH」をコラボレーション。

 その後もコラボレーションは続き、GOT7が登場すると「FLY」を披露。たたみかけるようにヒット曲を連発し、日本のアルバムリード曲「Yo モリアガッテ Yo」では、楽曲をプロデュースしたウヨンが乱入し、ラップを始めると観客は絶叫でこのコラボレーションを讃えた。

 次にこちらも【JYP Nation】初登場の本格派バンド・DAY6が登場。デビュータイトル曲「Congratulation」などを、初々しくもエモーショナルに披露。続いてDAY6からWonder Girlsへとバンドサウンドのコラボレーションになり、Wonder Girlsの代表曲「Nobody」や「Like This」を2組によるバンドアレンジでパフォーマンスしたあとは、Jo Kwon(2AM)、FEI (miss A)、Min(miss A)、ベンベン(GOT7)の4人は「HUSH」を、Beak Ayeonはヒット曲「So-So」を披露するなど、会場はさらなる盛り上がりを見せた。

 そしていよいよ2PMの登場。「Heartbeat」のイントロが流れると会場の興奮は最大となり、この歓声に応えるように立て続けに3曲をパフォーマンス。日本での公演ともあって日本オリジナル楽曲の「NEXT Generation」で観客とともにタオルを回した。そして2PMは「I Hate You」をTWICEのメンバーとコラボレーションし、Jun.Kは韓国でリリースしたソロ曲「THINK ABOUT YOU」を日本初披露した。

 後半へと突入すると、出演者全員での「Hands Up」で会場は一体となり、本編は終了。アンコールは、再び出演者全員が登場し、このライブのために書き下ろされた新曲「Encore」を披露。その後もJYP Entertainment所属アーティストのヒット曲を出演者全員でパフォーマンスした。アーティスト全員がステージ狭しと一列に並び、J.Y.Parkの「以上! 【JYP Nation】でした!!」という挨拶を合図に手をつなぎお辞儀をし、3日間、4時間のエンタテインメント性溢れるお祭りは、大団円を迎えた。

関連記事リンク(外部サイト)

【先ヨミ】JUNHO(From 2PM) ・西野カナ・A.B.C-Zが三つ巴の戦い!
テギョン(2PM,Taecyeon) 胸キュンセリフで韓国語学習できる最新動画公開!
【先ヨミ】BIGBANG、GOT7、ソンモ 韓流アーティストが三つ巴中!

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP