ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CTJ、キヤノンやニコンのデジタル一眼レフカメラをスマートフォンなどでワイヤレス操作できるようにする「CASE Remote Air」の国内向けクラウドファンディングを開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

CTJ は 9 月 5 日、スマートフォンやタブレット、PC からキヤノンやニコンの様々なデジタル一眼レフカメラをワイヤレスでリモート操作できるようにするデバイス「CASE Remote Air」の日本向けクラウドファンディングを Makuake で開始しました。CASE Remote Air は、デジタル一眼レフカメラのアクセサリーシューに装着し、USB ケーブルで本体と接続することで、スマートフォンやタブレット、PC のアプリからライブビューを確認したり、様々な撮影機能を利用できるようにする小型 Wi-Fi アダプタです。Android アプリでは写真や動画の撮影はもちろん、撮影パラメータの調節、HDR 撮影、タイムラプス撮影、Micro SD カードの管理、写真の SNS 共有などが可能です。CASE Remote Air を利用すると、カメラ内蔵モニタよりも大きく被写体を確認できるだけではなく、人間を警戒する動物の撮影や居づらい難所での撮影、タイムラプス撮影といったカメラ本体にはない機能などを利用できるようになります。CASE Remote Air は 15,600 円コース以上の金額で購入できます。発送は 2016 年 12 月頃の予定です。Source : Makuake

■関連記事
中京テレビ、オリジナル動画や地上波番組をインターネット経由で配信する動画サービス「Chuun(チューン)」を9月24日に開始、Androidアプリもリリース予定
食材を農家や漁師から直接購入できる「ポケットマルシェ」のAndroidアプリがリリース
クライム、ゲームとクイズを解いて城を作るゲーム「真田のやぼう 3D沼田城」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP