ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タートルズの“人間らしさ”はモーションキャプチャの進化がカギ メイキング映像を独占入手

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

8月26日より日本公開を迎えた映画『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>』。すでに本作を観賞した人であれば、「タートルズの表情とか動きとか、ちょっとリアル過ぎない?」と驚いた人も多いのではないだろうか。

そんな注目の視覚効果を務めたのは、ガジェット通信も訪問したことのある有名VFXスタジオ“ILM(インダストリアル・ライト&マジック)”。このたび入手したメイキング映像を見ると、前作と比べてILMのモーションキャプチャ技術がめちゃくちゃパワーアップしてる! ということが一発で分かる内容となっている。

【関連記事】『ミュータント・タートルズ』はこうして作られた! サンフランシスコ「ILMスタジオ」訪問レポートVol.1
http://getnews.jp/archives/772927[リンク]

【独占】『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>』メイキング映像(YouTube)
https://youtu.be/-cVmOTsQ1Lg

セットで撮影したモーションキャプチャに背景を合成していた前作とは異なり、最新作では全編NY市内で撮影したと明かすほどロケーション撮影にこだわったという。プロデューサーのアンドリュー・フォームは、「リアルな要素、つまりロケーションが本物で、役者や小道具や乗り物も本物なら、1コマ1コマの質感や密度が高まるんだ」と、そのこだわりを明かしている。

メイキング映像では、俳優の演技や細かな表情がCGで忠実に再現され、想像以上に“人間の演技”に頼っていたことが分かる。生身のエイプリル(ミーガン・フォックス)ともごく自然なやりとりを交わし、一昔前みたいに「お互いの目線が合っていない!」なんてことはありえないのだ。

ミケランジェロを演じたノエル・フィッシャーは、「今回の方がマイキーを演じるのがずっと楽だった。タートルズを想像しながらやるのと、自分が演じるキャラクターの顔や体の驚くほど細かい動きを観ながらやるのとでは、まったく異なる体験なんだ」と、今まで以上にリアルな演技ができたと語る。

本編には一切映ることのない、彼らの顔と努力にスポットを当てたメイキング映像を目にすると、作品の見方が少し変わるかもしれない。

『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>』公式サイト:
http://tmnt-shadows.jp/

(C)2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP