ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

教典「般若心経」をモチーフにした作品が連なる、荒木経惟氏による展覧会が開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫


IMPOSSIBLEの “IM” をもじった荒木経惟氏による展覧会第四弾が、9月9日より原宿の art space AM にて開催。今回も「淫夏」(2015)「淫冬」(2016)の二つの展覧会と同様、豪華なコレクションが一挙に発表される。「淫秋」と命名された今作は、和紙にプリントされた写真に、書で「般若心經」をしたためたパワフルな初展観。荒木氏の書は、本場・中国でも高く評価されており、パリ・ギメ美術館での個展や、書によるNHK特集番組のタイトル文字など、世界中でアクティブに展開されている。
本展では、教典「般若心経」をモチーフにした作品が連なり、71年に最愛の妻・陽子を喪い、「空」を撮り続けた荒木氏の心情を想起させるとともに、たゆまず新境地を追い求める創作への強い渇望が漲っている。






荒木経惟「淫冬」 NOBUYOSHI ARAKI IMTOU
会期: 2016年2月3日(水) – 4月30日
時間: 13:00 – 19:00
オープン: 木曜~日曜+祝日+2/3(水) ※月曜~水曜は休館
場所: AM
住所: 東京都渋谷区神宮前6-33-14神宮ハイツ301
Tel: 03-5778-3913
HP: http://www.am-project.jp
©Nobuyoshi Araki

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP