体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

OKAMOTO’Sのアドレス帳 Vol.14 杏子 × ハマ・オカモト

N_0012

OKAMOTO’Sのメンバーが友人はもちろん、憧れのアーティストなどをゲストに迎える対談企画第14弾は、ハマオカモトが敬愛するミュージシャン杏子が登場。度々コラボレーションしている二人の出会いから、杏子が語るハマのジェントル・エピソードなど話は尽きません。

 

——ハマくんと杏子さんの最初の出会いは?

ハマ「最初は2012年のJAPAN JAMですね」

——OKAMOTO’Sのゲストとしてズットズレテルズが出演した日ですね。

杏子「そうだ、あのイベントのときだね。でも、その前から私のソロデビュー20周年のときに誰かとコラボしたいという話をしていたら、スタッフが『若手でめちゃカッコイイバンドOKAMOTO’Sがいますよ』と教えてくれて。それでCDを聴いたらホントに演奏が上手くてカッコよくて。イベントで会ったときに『あ、どうも』ってクールな感じだったら怖いなと思ってたのね(笑)」

ハマ「いやいやいや(笑)」

杏子「そのイベントで私はTRICERATOPSのゲストとして出演したんです。それで(和田)唱くんがOKAMOTO’Sのみんなを紹介してくれて。あ、そうだ、その前にライターの森田恭子さんが私の楽屋にたどり着けずにバックステージで迷子になっていたところをハマくんが『大丈夫ですか?』って彼女を私の楽屋まで連れて来てくれたんだよね」

ハマ「そうでしたっけ?」

杏子「そうなの」

N_0062

——ハマくんのこういうジェントルマンエピソードはこの対談企画でもちょいちょい出てくるんですよね(笑)。

杏子「ハマくんは楽屋の前まで彼女をエスコートして、スッといなくなって。 森田さんも『ハマくんに連れて来てもらっちゃった』って恐縮していて。そのあとトライセラを通じてちゃんと挨拶して、林(幸治)くんが『あいつは性格もよくてベースも上手くてホントにイヤなんだよ(笑)』って言ってた」

ハマ「そんなことを言われていたとは(笑)。僕はBARBEE BOYSの大ファンだったので、トライセラのゲストで杏子さんが出演されるということで勝手にソワソワしていたんです。ご挨拶させてもらったときに『今後、何かご一緒できることがあったらぜひ』という話をしたら、そのあとすぐにご連絡いただいて。杏子さんがアルバム(『Sky’s My Limit』)でセルフカバーしたBARBEE BOYSの「タイムリミット」の演奏をOKAMOTO’Sで務めさせていただきました。しかもMVにも呼んでいただいて」

——ハマくんがBARBEE BOYSのファンになったきっかけは?

ハマ「東京事変がライブでBARBEE BOYSの『C’m’on Let’s go!』をカバーしていて。僕はもともと日本のバンドについて全然詳しくなかったんですけど、東京事変はすごく好きでツアーにもよく行っていました。でも、事変の歴史においてもほぼ唯一と言っていい日本のバンドのカバーを自分が行けなかったライブでやっていたので、気になって調べたらBARBEE BOYSの楽曲だとわかって。僕ら世代は事変を通してBARBEE BOYSを知った人が多いと思うんですよね。そこからBARBEE BOYSのアルバムを全部買いそろえて」

——BARBEE BOYSの音楽性において最も惹かれたポイントは?

ハマ「男女ツインボーカルでありながらパート振りがキッチリ分かれていて、会話のように掛け合いつつ、さっきまで歌っていたと思ったら急にサックスを吹いたり(笑)」

杏子「冷静に考えるとおもしろいよね(笑)」

ハマ「そんなバンドは世界中のどこにもいないなと思って。更に、調べたらギターのいまみち(ともたか)さんがほとんどの詞曲を担当していたというのも衝撃的で。少なくとも歌詞は、女性パートは杏子さんが、男性パートはKONTAさんが書いていると思い込んでいたので。異質でものすごくカッコいいバンドだなと思いました」

1 2 3 4次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。