ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クラフトビールを“わんこそば”スタイルで♪本場ドイツの雰囲気が体感できる赤坂のビアダイニングが楽しい!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日ごとに秋の訪れが感じられるようになってきましたが、ビールの季節はこれからが本番!ドイツのオクトーバーフェストも9月から始まります♪

また、2016年はドイツビール誕生500周年ということで、東京・赤坂にあるドイツビールとドイツめしのダイニング「SCHMATZ(シュマッツ)」では、9月1日からオリジナルクラフトビール「VON VON(フォンフォン)」の提供を開始。

本場さながらの、“わんこそば”のようなユニークなスタイルでビールを飲めるとのことで、早速足を運んできました!

ドラフトビールの取扱数、国内最大級

「SCHMATZ」とは、ドイツ語で「幸せの音」を表す言葉で、このお店は若いドイツ人の起業家3人が2015年に立ち上げたそう。

店内はこじんまりとしていますが、そこかしこにドイツならではの装飾やインテリアが飾られていて、まるで外国に来たみたい♪

国内最大級を誇るドラフトビールを取り揃えており、ここでしか飲むことのできないオリジナルビールや、ヨーロッパで人気のビールに合う「進化系ドイツ料理」を体感できるのが魅力です。

クラフトビールを“わんこそば”スタイルで

まずは9月1日から新メニューとして仲間入りするアルトビール、「VON VON」をオーダー!

アルトビールとは、主にドイツのデュッセルドルフ地方で飲まれているご当地ビールだそうで、「SCHMATZ」では、「VON VON」を“デュッセルスタイル”で頼むことができます。

そのデュッセルスタイルというのがコレ。

160mlの小さなグラスに入った「VON VON」(250円)を「KRANTZ(クランツ)」と呼ばれる専用のトレーで運んできてくれ、飲み終わるとまた次の1杯を渡してくれます。

グラスが空になるとすぐにおかわりが来るので、まるでビール版のわんこそばみたい!

味はというと、キャラメルのような芳醇な香りが特徴的で、爽やかな苦味とマイルドな甘さのバランスが抜群☆濃厚なので、飲みごたえもバッチリです。

なお、飲んだ数は、こんな風に店員さんがコースターにチェックしてくれ、「もう限界!十分楽しんだ!」となったらグラスの上にコースターをON。これが「おかわり不要」の合図だそうです。

ビール好き女子で集ってわいわいガヤガヤ“わんこビールパーティー”を開催したら、最高に盛り上がること間違いなし♪何杯飲めるか競っても楽しそうです。(ただし飲みすぎには注意!)

牡蠣のアヒージョはビールとの相性ピッタリ

また「SCHMATZ」では、秋の新メニューとして「オイスターとハーブのアヒージョ」(720円)も9月1日から提供スタート。

かわいらしいガラス瓶の中には、広島県産の牡蠣がたっぷり入っていてとっても贅沢♡

ローズマリーとガーリックのきいた味付けは、「VON VON」との相性もピッタリです!

そのほか、“ドイツめし”の定番カレー粉をまぶしたソーセージ「カリーヴルスト」やドイツ風カツレツ「シュニッツェル」などのメニューもアリ。

特に、シュニッツェルにチーズをこれでもかというほどのせた「シュニッツェル パルメジャーナ」は、チーズ好きにはたまりません!ビールのお供にぜひ味わってみてくださいね☆

SCHMATZ
http://www.schmatz.jp/#home

ビール(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP