ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ボサノバの女王ジョイス・モレーノが語るリオの街

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ボサノバの女王ジョイス・モレーノが語るリオの街
J-WAVE金曜11時30分からの番組「PARADISO」(ナビゲーター:板井麻衣子)のワンコーナー「BE BRASIL TASTEFUL LIFE」。8月26日のオンエアでは、ブラジルミュージック最高峰のシンガーソングライター、ジョイス・モレーノさんをお迎えしました。

モレーノさんは、1948年リオデジャネイロ生まれ。ブラジリアンミュージックの女王とも呼ばれるブラジルを代表するシンガーソングライターです。毎年、来日されているのですが、その際には必ずこの番組にも遊びに来てくださっています。

モレーノさんがご出身のリオデジャネイロといえば、先日まで開催されていたオリンピック。地元の方にとってオリンピックはどう映っていたのでしょうか。

「最初はやはりすごく心配事もありましたし、準備に関して問題もあったけれど、本当にみんな幸せにそのときを迎えられました」

開会式、閉会式や競技はテレビでご覧になっていたそうですが、パラリンピックは、生で観戦されるそうです。まだまだリオの人たちの盛り上がりは続きそうですね。

そんなリオの街についてお聞きしたところ、「子どもの頃のリオを思うと…本当にパラダイスのようで、安全で静かな場所でした」とモレーノさん。一方で、2014年のワールドカップや、今回のオリンピックをきっかけに交通機関が整備され、新しいお店や美術館ができたりと、リオは都市として進化しているとのこと。今後もまだまだ発展が期待できそうです。

そして話題は、ニューアルバム「Palavra e Som」についても。

「これまでにさまざまなプロジェクトをやってきて、だいたい3、4年ごとにオリジナルのアルバムを出してきましたが、ここ数年は2、3枚にわたってジャズ・スタンダートだったり、ブラジルのルーツ・ミュージックだったり…多くがカヴァーでした。『今度は新しいもので』ということで、全て書き下ろしのナンバーで構成しています」

スタジオで生披露してくださった歌声は、まさに“ボサノバの女王”を感じさせる、素晴らしいものでした。来日中のライブでは、その生の歌声を聞くことができます。ブラジルの風を感じさせてくれるライブ、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

【関連サイト】
「PARADISO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/paradiso/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。