体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビギナーライターに捧ぐ「超基礎編:有効な取材先へのアプローチとは?」

3c9646a9c241d535c14b6f58ce600b15_s

ビギナーライターに捧ぐ「超基礎編:有効な取材先へのアプローチとは?」

『孫子の兵法』と『街道をゆく』

初めから私事で恐縮ですが、私は仕事や人生に行き詰まりを感じると、そのソリューション(解決策)を求めて、いわゆる「古典」の世界に遊びます。

その中の一つに、『孫子兵法』があります。

例えば、「彼を知り己を知れば百戦殆うからず。彼を知らずして己を知るは一勝一敗す。彼を知らずして己を知らずは戦えば必ず破れる。」という地形編の中に書かれた文章があります。

これは、有名なことわざ「敵を知り、己を知れば、百戦殆うからず」とされておりますが、私にとっては、まさしく、我々ライターのために、2500年前に書かれた言葉のように思えてなりません。

つまり、取材とは取材対象を知り尽くすことから、始めなければならない行為であり、このプロセス抜きには、成功は覚束きません。

かつて、あの司馬遼太郎氏が『街道をゆく』という雑誌の企画で、日本国内のみならず、歴史ある世界の名所を求めて、紀行文を書かれておりました。

それは、単なる旅行記ではなく、その文章を読めば、司馬氏が訪れた土地の歴史・文化・風土・自然などのほか、そこに暮らす人々の息遣いまで伝わってくるような筆遣いでした。

司馬氏は、一つの訪問地について書くにあたり、事前の大学ノート数冊分におよびリサーチを徹底し、すでにその土地に初めて訪れる前から、地元の郷土史家以上の情報を把握して、実際の旅行では、その確認作業に訪れるのみだったと言います。

この姿勢は、「人」が対象の取材にも十分通じる話ですし、逆にこういう姿勢なしには、なかなか有効な取材は行い得ないことでしょう。「調査力」の重要性、ということです。

取材対象の決め方

ひとくちに取材といっても、その対象や方法は千差万別で、「これが基本だ」というものがあるわけではありません。

そのため、ここでは事前に取材対象の分野やジャンルについては、漠然と決まっているけれども、誰にどういうアプローチをしたら良いのか?という詳しい状況が見えていないという段階から取り組みことを想定したいと思います。

事実、私のライター生活の中でも、そうした段階からのスタートは多く、クライアントや編集者、調査依頼者などから、「○○について、詳しい人を見つけて、コメントと写真を撮っておいて。」という形式の依頼が多く寄せられます。

この場合、「“どこそこのだれそれ”に取材をしてください」という具体的な指示ではなく、「なんとなく、こういうジャンルに詳しい人」とか、「そういう雰囲気の人」といった、非常に曖昧な指示により、行動を起こさなければなりません。

その取材対象が、たまたま、自分の興味のある分野だったり、過去に何らかの知識を得ていたジャンルであれば、問題ありません。まったくの未知の領域の場合ですと、まずは確実に途方に暮れることになります。

仮に、あなたがスポーツライターだったり、その志望だったとしても、自分の好きなスポーツやメジャーな種目についてはそれなりに興味や情報があることでしょう。

しかし、今まで、その種目の存在すら知らなかったり、興味がまったくなかったジャンルについては、「えっ。何それ?」から始めることになり、非常に不安な気持ちに囚われることでしょう。

しかし、考えてもみてください。
世間でよく知られている内容や情報については、あなたが改めて取材したり、記事にする必要などは、ほとんどないのです。
そういう意味においても、深い調査力は大変重要となってきます。

取材対象のオーソリティになろう

あえて、クライアントがあなたにその分野に関する取材を依頼するということは、言い換えれば、あなたに「その分野について一通り語れる第一人者になって欲しい」と言うリクエストでもある、ということです。

高度に情報化し、分化された現代社会では、個別のジャンルの情報を集めて理解し、それが語れるだけの第一人者になることは、それなりの苦労を伴う行為であることは覚悟すべきです。

しかし、あなたがその苦労を乗り越えて、その一つの仕事をこなした後では、その経験や知識、そこで築いた人脈などはかならず後になって、あなたに利益をもたらします。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。