体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Android版「Riptide GP: Renegade」がスマートフォンやタブレットでも利用可能に

今月 8 日 3 日のリリースからこれまで NVIDIA SHIELD 限定提供だった Vector Unit の新作ゲーム「Riptide GP: Renegade」がスマートフォンやタブレットでも利用できるようになりました。Riptide GP: Renegade は前作「Riptide GP2」の後継作で、前作とは違って買い切り型の有料アプリとして提供されています。価格は当初 1,040 円でしたが、スマートフォンやタブレット向けにも配信されるようになり 300 円に値下がリしています。広告表示機能やアプリ内課金機能は今のところ実装されていません。アプリはファミリーライブラリにも対応しているので家族の誰かが購入すると、家族グループ全員で遊ぶことができます。なお、現行バージョンは日本語には対応していません。「Riptide GP: Renegade」(Google Play)

■関連記事
Android版Googleマップがv9.35にアップデート、plus+codesの機能が追加
Samsung、Galaxy Tab S 10.5(SM-T805)にAndroid 6.0アップデートを配信開始
ビックカメラ有楽町店にGoogle公式の「Androidコーナー」がオープン

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。