体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【辛ラーメン巡礼まとめ】夏休みの追い込みに、滝汗流して辛ラー巡りしてみない?

f:id:Meshi2_IB:20160817200818j:plain

辛いだけが我が人生。メシ通編集部です。

蝉の鳴く暑い夏の日。汗だくの中、(モノ好きな)人はさらなる発汗作用を求めて、汗ダラダラで辛いラーメンが食べたくなるのです。そんな本能に忠実なあなたに、辛ラーメンのお店紹介記事をまとめました。

ちなみに辛い(からい)と辛い(つらい)って同じ字で紛らわしいですよね!?

まずは美味い担々麺のお店を一挙大公開。いずれも都内に店舗があるため、都内の方は行きやすいのも◎。

f:id:Meshi2_IB:20160728233814j:plain

こちらの担々麺は、JR亀戸駅からすぐの「ゴマ哲」でいちばん人気の「赤担々麺(840円)」。

お次は、東京都青梅市にある担々麺「杉山」の出汁の効いた担々麺離れした担々麺!

f:id:Meshi2_IB:20160729151448j:plain

どんどんいきます。

京王線調布駅よりすぐ、「そらまめらぁめん本舗」の「八丁味噌ベース味噌担々麺」。

f:id:Meshi2_IB:20160729151800j:plain

こちら、本場四川の正統進化担々麺を食せるのは、山手線の駒込駅隣接の「辣椒漢」駒込店「汁なし担々麺」。

f:id:Meshi2_IB:20160729152903j:plain

今回は4件分をダイジェストでお届けしました。記事には、美味い担々麺を出すお店を全8軒掲載。場所の詳細など要チェック!

お次はちょっと変わった「焼肉の盛られたラーメン」。旭川の激戦区にあるお店で、しかも変わっているのがその名も「モルメン辛いの」。

f:id:Meshi2_IB:20160729155701j:plain

上に乗せられた豚のホルモンがシズル感をそそります。

なぜこのネーミングなのか、そして実食したレポーターの感想は……。

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会