ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【辛ラーメン巡礼まとめ】夏休みの追い込みに、滝汗流して辛ラー巡りしてみない?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

辛いだけが我が人生。メシ通編集部です。

蝉の鳴く暑い夏の日。汗だくの中、(モノ好きな)人はさらなる発汗作用を求めて、汗ダラダラで辛いラーメンが食べたくなるのです。そんな本能に忠実なあなたに、辛ラーメンのお店紹介記事をまとめました。

ちなみに辛い(からい)と辛い(つらい)って同じ字で紛らわしいですよね!?

まずは美味い担々麺のお店を一挙大公開。いずれも都内に店舗があるため、都内の方は行きやすいのも◎。

こちらの担々麺は、JR亀戸駅からすぐの「ゴマ哲」でいちばん人気の「赤担々麺(840円)」。

お次は、東京都青梅市にある担々麺「杉山」の出汁の効いた担々麺離れした担々麺!

どんどんいきます。

京王線調布駅よりすぐ、「そらまめらぁめん本舗」の「八丁味噌ベース味噌担々麺」。

こちら、本場四川の正統進化担々麺を食せるのは、山手線の駒込駅隣接の「辣椒漢」駒込店「汁なし担々麺」。

今回は4件分をダイジェストでお届けしました。記事には、美味い担々麺を出すお店を全8軒掲載。場所の詳細など要チェック!

お次はちょっと変わった「焼肉の盛られたラーメン」。旭川の激戦区にあるお店で、しかも変わっているのがその名も「モルメン辛いの」。

上に乗せられた豚のホルモンがシズル感をそそります。

なぜこのネーミングなのか、そして実食したレポーターの感想は……。

名前負けしていないのか!?

詳しくはこちらから!

最後は「激辛の上に大盛りのラーメン」をご紹介。

こちらも北海道は旭川にある有名店です。

旭川駅から車でおよそ10分、旭川市神居にお店を構える「味の三平」は、想像を絶する激辛ゆえに、このあたりでは有名なお店です。


ごふっ!

……実食レポートはこちらの記事をごらんあれ。

辛いラーメンを愛してやまないみなさま、辛く(からく)て美味いか、辛い(つらい)かどうかは実食あるのみ!

辛いラーメンて、美味しいですけどどれくらいカプサイシン効果で脂肪が燃焼されているのか気になりますね。ということで辛ラーメン巡礼の旅、お試しあれ!

※金額はすべて消費税込です。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:「メシ通」編集部

食を楽しみたい人のためのWebマガジン「メシ通」編集部です。 Twitter:@mesitsu

関連記事リンク(外部サイト)

小出真保のSNSモノマネ「三度の飯よりいいね!が好き❤️」第1回
【東京ソバット団・激賞!】ここだけは絶対に食べておきたい立ち食いそばの名店まとめ
憧れの肉の山……。自宅で山盛りのローストビーフ丼を食す!

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP