ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「魔女の宅急便」モデルの街ストックホルムを上から眺める屋根歩きツアー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スウェーデンの首都ストックホルムは、「世界一美しい首都」といわれる街。周囲を美しい水に囲まれていることから「水の都」、「北欧のヴェネツィア」とも呼ばれています。そしてあのスタジオジブリが、名作映画「魔女の宅急便」の舞台コリコのデザインに「大いに参考にした街」だと公式にコメントしています。

■あわせて読みたい
まるで映画のワンシーン!美しい水の都「ストックホルム」をお散歩
【連載】海外一人旅!初心者・女性にもおすすめの国はどこ?/第15回「スウェーデン・ストックホルムで過ごす大人の休日」
二度と見られない氷の芸術。スウェーデンのアイスホテルが美しい

確かに、時計台のあたりなどに面影がありますね。北欧雑貨のお店巡りなど普通の街歩きも楽しいストックホルムですが、せっかくなので「魔女の宅急便」キキ気分で高い場所から街を見学するツアーはいかがでしょうか。

旧国会議事堂の屋根を命綱つきで歩く


(c) Takvandring Sverige AB

なんと、ストックホルムには屋根の上から街を見学できるツアーがあるのだとか! 2007年に始まったこの「屋根歩きツアー」(Rooftop tour)は、1833年建造の旧国会議事堂の屋根の上をガイドつきで1時間15分ほどかけて回るという内容(冬場は45分程度)。


(c) Takvandring Sverige AB

「屋根歩き」と聞くと安全性を心配してしまいますが、実は細いながらも足場の通路は確保されています。ハーネスと命綱も着用が義務なので、安全面ではしっかりと配慮がされているのです。ただし参加要項によると、セキュリティのために参加条件は身長150cm以上、体重120kg以下とのこと。

高さ43mからの絶景


(c) Takvandring Sverige AB

ツアーの舞台となる旧国会議事堂は、高さ43m。ストックホルムの観光名所である旧市街ガムラスタン (Gamla stan)にもほど近い場所にあり、屋根の上からの眺めは最高!


(c) Takvandring Sverige AB

天気が良い日は、気持ちよさそうですね~。


(c) Takvandring Sverige AB

ただしこれは、あくまでも観光ツアー。度胸試しや恐怖体験のためのアトラクションではないので、引率のガイドがしっかりストックホルムの歴史などを解説してくれます。美しい景色を眺めながら、しっかり街のことにも詳しくなれますね。

キキの気分が味わえそう?「忘れられないウォーキングツアー」

xhttps://www.youtube.com/watch?v=4WY3zzlpy60

【You Tube】Takvandring – Roof top tour Stockholm

動画で見ると、その迫力がよくわかります! 魔法のほうきで飛ぶことはできませんが、「魔女の宅急便」キキの気分は味わえそうです。

この他では見られない屋根歩きツアー、お値段は一人当たり595クローナ(2016年6月現在、約7900円)。英語とドイツ語からガイドの言葉を選べます。通常10人程度のグループですが、特別に2人で参加できるプライベートツアーもあるそうです。そちらは一人当たり2500クローナ(約3万3千円)。そしてストックホルム以外にも、スンツヴァル(Sundsvall)というスウェーデン中部の街でも同様の屋根歩きツアーを実施しているのだとか。2つの都市でそれぞれ参加しても違いを楽しめそうですね。

主催者の旅行会社「Takvandring Sverige AB」自身が「忘れられないウォーキングツアーになる」と言っているので、その内容への自信がうかがえます。雨天でもツアーは決行されるそうなので、スウェーデン旅行の前にはぜひチェックしてみてください。

■あわせて読みたい
まるで映画のワンシーン!美しい水の都「ストックホルム」をお散歩
【連載】海外一人旅!初心者・女性にもおすすめの国はどこ?/第15回「スウェーデン・ストックホルムで過ごす大人の休日」
二度と見られない氷の芸術。スウェーデンのアイスホテルが美しい

[Photo by Shutterstock.com]
[Takvandring Sverige AB]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP