ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google Alloの時間が経つとメッセージが消える機能のスクリーンショット

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google の新しいメッセージアプリ「Allo」には Google Assistant を始めとした様々な新技術が導入されていますが、その中でも Snapchat のようだとして注目されている時限メッセージ機能の詳細が判明しました。Allo には情報の流出などを防止するためのセキュリティ対策機能として、メッセージをエンド・ツー・エンドで暗号化する Incognito モードが実装されています。時限メッセージはこのモードの中で利用できることが分かりました。時限メッセージ機能はテキスト、画像、動画、音声ファイルなどに期限を付けて送信する機能です。期限が来ると消えてしまい再度閲覧することはできません。スクリーンショットによると、メッセージ消失までのタイムリミットは 5 秒、10 秒、30 秒、1 分、1 時間、1 日、1 週間、または OFF から選択できる模様です。Source : Android Police

■関連記事
Opera、キュレーション型ニュースアプリ「FeeNews」をリリース
ECC、英語学習CD教材「ECC の大人が楽しい英語」の公式Androidアプリをリリース
Lenovo、今後発売するAndroidスマートフォン・タブレットにMicrosoftアプリをプリインストール

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP