体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

空腹と食費のはざまで戦う学生必読! フードファイター木下ゆうかさんに訊く、節約しながら満腹になる方法

空腹と食費のはざまで戦う学生必読! フードファイター木下ゆうかさんに訊く、節約しながら満腹になる方法 木下ゆうか1 木下ゆうか1

YouTubeで連日大食い動画をアップしているフードファイターの木下ゆうかさん。チャンネル登録者は182万人を超えるほど、絶大な人気を誇るYouTuberです。スリムな見た目からは想像もできないほどの量をあっさり平らげる姿は、見ていて実にアッパレ。

けれども気になるのは、日常の食生活。普段からよく食べるというけれど、毎日の食事はどうしているの? “食費を抑えてお腹いっぱい食べられる工夫”はあるのでしょうか。

愛らしい見た目と美味しそうに食べる姿から、“大食いビューティー”との異名も持つ木下さんに、大食家ならではの“食の秘訣”を聞いてみました。

 

“白米”は手軽にお腹を満たせて節約にもなる万能食材!

木下ゆうか5

――昔からよく食べていたそうですが、“自分は大食いだ”との自覚はあったのですか?

木下ゆうかさん(以下、木下):家族で囲む食卓では出されただけしか食べられないので、おなかいっぱいになったことがありませんでした。兄と妹がいて、5人家族で5合炊きの炊飯器が空っぽになったら「その日のごはんは終了」という感じで、毎回食べられるのはお茶碗3杯くらい。それでも腹八分に満たなかったんですけど、その感覚が普通なんだと思って育ってきたので、大食いだとは気づいていませんでしたね(笑)。

――学生時代はどんなアルバイトをしていましたか?

木下:ラーメン屋とイタリアンレストランでアルバイトしていました。アルバイト先でもよく食べると思われていたみたいで、まかないはいつも大盛についでくれたり、オーダーミスで余ったメニューをいただいたりもしていました。でも、当時は大盛を残さずに食べきるくらいだったので、それほど驚かれることはなかったですね。まかないを作ってくれる人からは、いつも「すごく美味しそうに食べるね」とか、「たくさん食べてくれるから嬉しい」って喜ばれていました。

――今くらいよく食べるようになったのは、いつごろからですか?

木下:19歳からひとり暮らしを始めて、自分の食べたいものを食べたいだけ食べていたら、徐々に増えていきました。1回の食事でお米5合を食べきります。おかずは少なめで、一般的な大盛くらいの量。だって、おかずを大量に作ろうと思ったら、野菜を切るだけでも大変じゃないですか(笑)。それに、お米は腹持ちがいいし、炊くだけですぐ食べられるからラクだし、美味しいし、食費も安く済むので節約にもなるんですよ! おかゆにして“かさ増し”したり、インスタントラーメン2玉をおかずにして、ごはんと一緒に食べたりすることもあります。ただ、スーパーでお米を買うと重たくて持ち帰れないので、ネットでレビューの評価が高くて、手ごろな値段のモノを買っています。

――1食でお米5合はすごいですね! 一日3食ともよく食べるんですか?

木下:中途半端に食べるとかえっておなかが空いてしまうので、朝ごはんはほんの少ししか食べません。昼も仕事の都合などで食べる時間が限られるときは、一人前でがんばって乗り切ります。そのぶん、夜はガッツリ食べます。

私、腹五分から八分くらいは同じような感覚で、急に「もうおなかいっぱい!」ってなるんですよ。それに、小さいころから満腹にならないのが当たり前だったので、満足できるまで食べられなくても、大盛くらい食べられれば、意外と大丈夫なんです。だから、時間があれば食べるけれど、忙しかったらあまり食べないとか、常に状況に合わせています。

 

ごはんを美味しくいただく秘訣は“腹八分目”

1 2次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。