ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あなたのお家にも“ブラームス”がやってくる! 衝撃のジャンルスイッチ人形ホラー『ザ・ボーイ 人形少年の館』がDVD&ブルーレイでリリース

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


「あなたの先入観が試される」というジャンルスイッチスリラー『ザ・ボーイ 人形少年の館』。8月開催の映画祭『カリコレ』で限定回数の上映という形ながら、“途中でジャンルが切り替わる”という展開の読めない触れ込みや、キーとなる人形少年“ブラームス”の可愛さ、主演を『ウォーキング・デッド』マギー役のローレン・コーハンが務めたことから話題となっておりました。実際に撮影に使われたブラームス(人形)が来日し、『ホラー通信』編集部に遊びに来てくれたりもしましたね。君との日々が昨日のことのように思い出されるよ。

そんなブラームスが大活躍する『ザ・ボーイ 人形少年の館』、上映回数が限られていたがために劇場で見逃してしまった方も多いことと思われますが、DVD&Blu-rayのリリースが早くも決定いたしました。10月5日にDVDレンタル開始、10月19日にDVD&Blu-rayが発売となります。

あらすじを復習しますと、主人公は過去と決別すべく、とあるお屋敷で子守のアルバイトをすることにしたグレタ(ローレン・コーハン)です。実際に屋敷へ行くと、老夫婦が子守を任せたいという“子供”は、少年の姿をした人形“ブラームス”でした。老夫婦は人間の子供としてブラームスを溺愛。グレタもその調子に合わせますが、老夫婦が旅行に出掛けているあいだに、彼女は“やぶってはいけない10のルール”をやぶってしまいます。すると徐々にブラームスの様子がおかしくなり―――――。

予告編が表示されない方は元記事をご覧ください


セル版のDVD&ブルーレイにのみ、映像特典として今作のウィリアム・ブレント・ベル監督、主演・グレタ役のローレン・コーハン、老夫婦の過去を知るマルコム役のルパート・エヴァンスのインタビューが収録。「ホラー以外の作品に出たい」というローレンが『ザ・ボーイ』の脚本に惚れ込み、今作への出演を熱望したそうなので、そういった経緯ももしかしたらローレンが語ってくれているかもしれません! 語ってなかったらすみません!

さあ観たくなってまいりましたね? 「あなたの先入観が試される」この作品、後半で覆されるのは、あなたのどんな“先入観”でしょうか。真実を知ったらもう一度観たくなるこの作品は、ぜひお手元に置いておいてくださいませ。そうしたら、ブラームス君にいつでも会えるからね。


『ザ・ボーイ 人形少年の館』

10月5日(水)DVD レンタル開始
10月19日(水)DVD/Blu-ray 発売
DVD 3,800円+税/Blu-ray 4,700円+税
本編 97分+特典映像 15分

<CAST>
ローレン・コーハン : グレタ
ルパート・エヴァンス : マルコム
ベン・ロブソン: コール
ジム・ノートン
ディアナ・ハードキャッスル

<STAFF>
監督 : ウィリアム・ブレント・ベル
『ウェア-破滅-』、『デビル・インサイド』
製作 : マット・ベレンソン
『アイ・フランケンシュタイン』、『ファインド・アウト』
ゲイリー・ルチェッシ
『アンダーワールド』シリーズ、『エミリー・ローズ』『アイ・フランケンシュタイン』
トム・ローゼンバーグ
『アイ・フランケンシュタイン』『アンダーワールド 覚醒』

カテゴリー : エンタメ タグ :
レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP