ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

蓮沼執太10周年「まだ音楽を職として意識してない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜−木曜14時からの番組「ACOUSTIC COUNTY」(ナビゲーター:坂倉アコ)。8月16日のオンエアでは、今年で音楽活動10周年を迎える蓮沼執太さんがゲストに登場。まずはこの10年間を振り返ってみての感想をいただきました。

「10年経つといろんな音楽の友だちが増えて、仲間が増えて、活動を続けてこれて嬉しいなぁ、という感じですね」(蓮沼さん、以下同)

そこで蓮沼さんに、坂倉が「いつ頃から、音楽を職にして生きていきたいって意識したんですか?」とお聞きしたところ、「いや…全然意識してないですね。まだ意識してないんじゃないかってくらいです(笑)」と意外すぎる答えが。

「最初、音楽で生きてこうなんて思ってなくて、ただできることをやってくみたいな感じだったんで。一番作りやすいのが“音”だったっていう」と蓮沼さん。さらに、この10年間はその都度やりたいことや、好きな音に変化はあったものの「自分自身は変わっていなくて、ずっと同じことを繰り返している感じは、すごくしますね」とも話しました。

蓮沼さんにとって10年間、音楽を続けてこられた一番のモチベーションはどんなことでしょうか?

「やっぱり新しいことにチャレンジし続けることがモチベーションのような気はしますけどね。『人を驚かせたい』もそうだし、『結果が想像できないこと』とか」

というのも、蓮沼さんは、今年、全国各地のローカルミュージシャンたちと共作をされてきました。「ライブの現場になるまでわかんない…みたいな(笑)」とのことで、まさに実験的だったそうです。

蓮沼さんといえば、「蓮沼執太フィル」「蓮沼執太メロディーズ」「蓮沼執太チーム」といったさまざまなプロジェクトを行われているのですが、次の構想はすでに何かあったりするのでしょうか?

「あんまりないですね(笑)。その都度その都度なんで。今、音作りに興味があって。時間があるとずっと音を作ってて」と蓮沼さん。これに坂倉は「今!?」とびっくり。もちろんずっと興味があって、今は“特に”という意味だそうです(笑)。

そんな蓮沼さんは、9月6日(火)に“活動10周年記念公演”「蓮沼 X(テン)執太」を行われます。このタイトルはファンの投票によって決まったそうなのですが、他の候補には、「蓮沼総集太」、「はすぬまつり」、「蓮沼十(じゅう)執太」、「100% 蓮沼執太」、「蓮沼執太の出ずっぱり」などがあったそうです。 ちなみに「はすぬまつり」とかなりの接戦だったとか…。

今回の公演の見どころをお聞きすると「ステージの上にとんでもない数の機材が並んでいるんですよ。なんせ(ゲスト)ミュージシャンが多いので。その分、機材が多いんです。その機材が乗っている様が相当おもしろいと思います」とのこと。楽しみですね(笑)! ゲストも盛りだくさんだそうなので、さらに詳しい情報が知りたい! という方は、ぜひ蓮沼さんのウェブサイトをチェックしてみてください♪

【関連サイト】
「ACOUSTIC COUNTY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP