体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フルーツたっぷりサングリアが美味しい!新しい味との出会いがあるワインバル

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

新しい味との出会い。まだまだ知らない食べ物がある飯田橋の居酒屋さん

神楽坂に用事があった日、そのまま東西線で一駅、飯田橋まで出かけて飲み会。ちょっと小洒落たワインバルがOPENしたと聞いていたのですよ。最近、都内に出かけるときは東京メトロパスを買うようにしているので、今まで以上にアクティブに動き回っています。電車で。徒歩ではない。「ワインの酒場。ディプント」は東西線の飯田橋駅A4出口から徒歩2分ほど。たぶんJRの飯田橋駅からも、そのくらいかな?

桃香る白サングリア

新しい味との出会い。まだまだ知らない食べ物がある飯田橋の居酒屋さん

600円。最初の一杯はこちらで。メニューを開いて、すぐにこちらにロックオン! 桃大好きなの。ほんのり桃の香りのサングリア。グビグビ飲んじゃう。

お通し

新しい味との出会い。まだまだ知らない食べ物がある飯田橋の居酒屋さん

パン食べ放題。パンがあるなら・・・と選んだのがつぶ貝のガーリックバター焼き

新しい味との出会い。まだまだ知らない食べ物がある飯田橋の居酒屋さん

780円。つぶ貝がおいしいのは勿論、私のお目当てはつぶ貝の旨味がとけこんだバター。お通しのパンは罠だな。炭水化物は控えなきゃいけないのにガンガン食べちゃう。バターひたひたのパンにコリコリのつぶ貝。ムフ―――!! おいひい!!

苺のロゼサングリア

新しい味との出会い。まだまだ知らない食べ物がある飯田橋の居酒屋さん

600円。飲むペース早すぎ!! でも、お料理もサングリアもおいしいのよ。こちらは桃のサングリアより、ちょっと甘め。

一番上の写真はチェリートマトの蜂蜜マリネ。500円。ちょこっとつまむのにちょうど良い一品。箸休め的にお料理の間につまんでました。

カニの濃厚トマトクリーム 焼きペンネ

新しい味との出会い。まだまだ知らない食べ物がある飯田橋の居酒屋さん

1200円。お腹が空いていたので、早めに炭水化物。お通しのパン食べたけど。カニとトマトクリームの組み合わせは鉄板のおいしさ。

■関連記事
1万2000人が予約待ちの大人気グミ!あなたも欲しくなるロゼワインのグミ

http://tabizine.jp/2016/08/03/88494/

とろけるイベリコ豚のラルドと、もっちりパン

新しい味との出会い。まだまだ知らない食べ物がある飯田橋の居酒屋さん

680円。炭水化物食べ過ぎ。ラルドって何か知らずに頼みました!

新しい味との出会い。まだまだ知らない食べ物がある飯田橋の居酒屋さん

このパンを巻いている脂のようなものがラルド。豚の背脂を塩漬けまたは燻製にしたものだそうです。パンはバターを塗ったり、オリーブオイルを浸したりして食べるので、パン+豚の背脂というのもありなわけですよ。見た目ほどくどくないです。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会