ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Moto Z Play(XT1635-01/02)の対応周波数が判明

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Motorola 未発表の「Moto Z Play」の型番「XT1635」を採用した端末が PTCRB の認証リストに追加され、この機種の対応周波数が明らかになりました。PTCRB には各種スマートフォンのファームウェア情報と、対応している通信方式や対応周波数が登録されています。認証情報によると、Moto Z Play には XT1635-01 と XT1635-02 の 2 モデルがあり、どちらも LTE-Advanced に対応しています。XT1635-1 は、GSM 850 / 900 / 1800 / 1900MHz、WCDMA Bands 1 / 2 / 5 / 8LTE(Bands 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 13 に対応しています。一方、XT1635-2 は GSM 850 / 900 / 1800 / 1900MHz、WCDMA Bands 1 / 2 / 4 / 5 / 8、LTE Bands 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 17 / 19 / 20 / 28 / 38 / 40 に対応しています。Source : PTCRB

■関連記事
XperiaでAndroid 7.0 NougatのUIを体験できるXperiaテーマ「Theme 7.0 Nougat」がリリース
GoogleはAndroid 7.0.1 / 7.1のリリースを予定か? 一部のGoogleアプリがターゲットAPIレベルを25に引き上げ
カナダでNexus 6Pの販売が終了した模様

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP