ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「24時間戦えますか?」「友達ならあたりまえ」心に残る懐かしのCM(男性編)5選!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

録画視聴が当たり前となり、もはやリアルタイムでテレビを観る事も少なくなっている昨今。もはや、CMは飛ばして観るのが当たり前となっている録画世代の若者たちに、是非とも知っておいて頂きたい、秀逸な懐かしCM作品をいくつご紹介出来ればと思います。

以前、「可愛すぎる懐かしのCM(女優編)」と題して、「ちゃん・リン・シャン」や「チューして」など、特に印象的だったCMを5本ピックアップして紹介いたしましたが(http://www.vip-times.co.jp/?p=113906)、今回はその男性編として、「心に残る懐かしのCM(男性編)」をお送りしたいと思います。当時を知る世代の方には、「あったあった!」「懐かしい!」と共感して頂けますと幸いです。

(動画付きの元記事はこちら http://www.vip-times.co.jp/?p=115532)

キッコーマン ぽん酢しょうゆ(明石家さんま 1986年)

一度観たら(聴いたら)耳から離れないキャッチーなメロディと歌詞。明石家さんまさんの代表的なCM作品のひとつです。「幸せってなんだっけ、なんだっけ。ポン酢しょうゆのあるうちさ」。40代以上でこの名フレーズを知らない方はおそらくいないでしょう。また、最近になって、ヤマサ醤油「昆布つゆ白だし」のCMに、大竹しのぶさんとIMALUさんが親子で共演して話題となりましたが、このCM内の「幸せってこれよね」というフレーズ。真意こそ特に言及はされていませんが、キッコーマンのCMを知る世代としては、なかなか興味を惹かれるフレーズではないでしょうか。

三共 リゲイン(時任三郎 1989年)

いまや、名俳優としてその名を知られる時任三郎さんが、衝撃的な登場をしたのがこちらのCM。世のビジネスマンに対して「24時間戦えますか?」と問いかける名フレーズは、その後もしばらくお茶の間に流れ続ける事になります。しかし、2014年に漫画「うる星やつら」を実写化した新CMですみれさんが登場し、「24時間戦うのはしんどい!」と言い放ち、「3、4時間戦えますか?」とフレーズが変更。時代とはいえ、これもまた当時を知る世代にとっては、なかなか衝撃的なCMになりました。

アデランス (アルシンド 1993年)

1990年代に大活躍した、元鹿島アントラーズのアルシンド選手が、電車の中で衝撃のセリフを言い放つCM。「アルシンドになっちゃうよ!」 、そして「友達ならあたりまえ」。つたない日本語がやけに印象的で、耳に、そして心に残る作品でした。その後、いくつかのパターンのCMが放送されましたが、やはりこの「友達ならあたりまえ」のCMがもっとも心に残っている方が多いのではないでしょうか。

SEGA ドリームキャスト(湯川専務 1998年)

こちらのCMは、実際の企業の役員がCMに主演するという驚きの作品。その内容は、「セガなんてダセェよな」「プレステの方が面白いよな」という子供たちの会話から始まる衝撃作でした。その後、何作ものシリーズCMが放送され、瞬く間に人気となりました。短編ストーリーとしても非常に面白いので、是非とも最初から最後まで、全編通して観て頂きたいCM作品です。

ポッカコーポレーション ポッカコーヒー(柴田恭兵 1993年)

名作「あぶない刑事」シリーズが完結を迎え、「あぶデカ」世代の方々は少し寂しい思いをされているかもしれません。そんな「あぶデカ」のユージこと大下勇次を演じた柴田恭兵さんの代表CMといえば、やはりポッカコーヒーではないでしょうか。このCMでの柴田さんの一言「うまい!」は、その後の柴田恭兵さんのモノマネのキラーフレーズになりました。

というわけで、1980年代から1990年代に放送されていた懐かしのCMの中から、特に印象的だった男性主演CM作品を5本選んで紹介させて頂きました。いかがでしたでしょうか?

きっと今この時にも、10年後に名作と呼ばれるCMが放送されているはずです。録画が主流となり、CMが自由に飛ばせるようになった今だからこそ、あえて“CM”に注目してみるのも良いのではないでしょうか?

記事:猫狸犬虎

関連記事リンク(外部サイト)

「ちゃん・リン・シャン」「チューして」可愛すぎる懐かしのCM(女優編)5選!
曲を聴けば自然とドラマの映像が浮かんでくる!印象的だった懐かしのドラマ主題歌5選!
同情するなら?関係ないね?しにましぇん?心に残る日本ドラマの名セリフ

カテゴリー : エンタメ タグ :
日本タレント名鑑の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP