ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【シン・ゴジラ】ゴジラいわく「かっこよく撮ってくれてうれしい~」!? ファッション誌『BAILA』でも特集ページ [オタ女]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

2016年7月29日に公開されてから快進撃を続けている庵野秀明総監督『シン・ゴジラ』。2016年8月24日に新宿バルト9で行われる『シン・ゴジラ 女性限定鑑賞会議』もチケットが瞬時に完売するなど、女子からの注目も集まっているのはご存知の通り。
そんな中、集英社のファッション誌『BAILA』2016年9月号でも4ページに渡って特集。内閣官房副長官・矢口蘭堂役の長谷川博己さん、内閣総理大臣補佐官・赤坂秀樹役の竹野内豊さん、米国大統領特使カヨコ・アン・パタースン役の石原さとみさんがお互いの関係や庵野総監督や樋口真嗣監督・特技監督との撮影のエピソードについて語っています。

庵野総監督について、「信頼してます」(長谷川さん)「こだわりに敬服」(竹野内さん)「要求にこたえたい!」(石原さん)と言う三人。それに混じってゴジラのコメントもあるのですが、そこには「感謝(かっこよく撮ってくれてうれしい~」とあります。確かに野村萬斎さんのモーションもあって素晴らしい動きだったのは確かなのですが、結末を見ると「ほんとう?」とツッコミたくなる気分もなきにしもあらず……。口から吐く火も赤くないし!

それはさておき、インタビューでは長谷川さんと竹野内さんが英語のセリフまで完璧に覚えていた石原さんを絶賛。しかし、庵野総監督や樋口監督の二人体制だったため、演技指導の意見が分かれることもあり、石原さんは「混乱しているなか誰に助けを求めていいか、わからなくなってしまう瞬間も何度もあって……」と告白しています。

「とにかくこだわりが強くて妥協することがない」(竹野内さん)という庵野総監督についての言及も。多い時は8台のカメラを回し、センチ単位で細かい指示を出して「ミリ単位じゃないだけマシだと思って」と言い放つ場面もあったと長谷川さんの口から語られています。他にも、臨場感のある映像のために『iPhone』を使って撮影しはじめたこともあったそう。

ほかにも撮影時のエピソードが3人の口から語られているので、『シン・ゴジラ』を観た人もこれからだという人も一読の価値ありです。

BAILA公式サイト(ハピプラ)
https://baila.hpplus.jp/ [リンク]

映画『シン・ゴジラ』公式サイト

http://www.shin-godzilla.jp/ [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP