ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パンを焼くのが楽しくなる!スマホに描いた絵をトーストに焼ける「Toasteroid」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

遊び心満載のトースターがクラウドファンディングサイトKickstarterに登場した。

専用アプリに描いた絵をそのままパンに焼ける「Toasteroid」。スマイルマークのような絵文字風のアイコンから手書きのものまで“描く”ことができ、朝食に使えば1日を楽しくスタートさせることができそうだ。

・焼き目の濃淡の調整も

ToasteroidはスマホとBluetoothで連携する。使うには、まずアプリ(iOS、Android)で絵を創作。用意されたテンプレートの中から選んでもいいし、オリジナルを描いてもいい。

次にパンに焼き目をどれくらいつけるかをアプリのスライダーで設定し、パンをToasteroidにはさんでトースト開始。しばらくすると、絵が描かれたパンがポンっとでてくる。

・メッセージをお届け!

絵が描けるだけでも面白いが、Toasteroidではメッセージや天気予報までも焼きつけられるというユニークさも。

例えば、メッセージ機能を使って、離れて住む家族のトーストに朝のあいさつや、愛情たっぷりの絵を届けることも可能だ。

朝は「1日が始まる…」とブルーだったりするもの。そんな時こんなトースターで焼いたパンを朝食でとれば、なんだかそれだけでハッピーな気分になりそう。

ただし、絵を描いたりする分、余計に時間がかかるのは避けられないので遅刻だけは気をつけたい。

Toasteroidは現在Kickstarterで85ドル(約8500円)の出資で入手でき、出資期限は9月19日となっている。

Toasteroid/Kickstarter

https://ksr-video.imgix.net/projects/2559918/video-691420-h264_high.mp4

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP