ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

余剰食料の値引き販売とオンライン寄付を融合させた「Too Good To Go」がロンドンに進出

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界の食料廃棄量が、生産量全体の約3分の1にのぼり、近年、その削減がグローバル規模で喫緊の課題となっている。

このような環境のもと、米ニューヨークの「PareUp」、仏パリの「OptiMiam」、加トロントの「FlashFood」など、消費期限の迫った食品や飲料などを値引き販売するためのサービスが、世界各地に広がってきた。

・余剰食料の割引販売とオンライン寄付が融合したプラットフォーム

2015年にデンマークで創設され、2016年8月、いよいよロンドンに進出する「Too Good To Go」も、その有力なサービスのひとつだ。

「Too Good To Go」では、まず、レストランやカフェなどの飲食店が、余った食材やフードメニューなど、値引き販売したい商品を投稿。

一般ユーザーは、郵便番号を入力するか、スマートフォンの位置情報を使って、現在地もしくは希望エリア周辺の値引き情報を検索し、オンライン決済で注文した後、指定時間に、店頭で商品を引き取る流れとなっている。

一般ユーザーにとっては、2ポンド(約260円)から3.80ポンド(約494円)で設定される価格の割安感が、大きな魅力だ。

また、「Too Good To Go」は、オンライン寄付プラットフォームとしての機能を備えているのも特徴。

余剰食料を有効活用し、食料を必要としている人たちをサポートするための資金として、一般ユーザーから寄付を募り、これまでに、1160食以上の余剰食料を生活困窮者たちに届けてきた。

・英国を中心に、欧州各国で展開中

「Too Good To Go」は、ウェブサイトのほか、iOSアプリおよびAndroidアプリでリリース。

英国では、ロンドンのほか、ブライトン、マンチェスターなど、合わせて5都市で展開され、今後、英国全土に対象エリアを拡大していく方針だ。

Too Good To Go

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP