ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

欅坂46、初動から2.5万枚伸ばして37.5万枚セールスでシングル・チャート首位

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 欅坂46の『世界には愛しかない』は4形態で発売され、初動3日間で35.0万枚、初週で37.5万枚を売上げ、週間シングル・セールス・チャートで首位を獲得した。前作『サイレント・マジョリティー』がデビュー・シングルでは異例のロング・ヒットを記録した欅坂46、センターも前作に続いて平手友梨奈が務め、その勢いはまだまだ衰えていない。

 2位はE-girlsの『Pink Champagne』。こちらは初動6.4万枚、初週で6.8万枚と、欅坂に比べ、ほぼ初動によるセールスとなり、グレー顧客層への訴求がまだまだ惜しいことが分かる。その意味では前回報じた【先ヨミ】ニュースでの初動より上位5タイトルのうち、1万枚以上伸ばすことが出来た作品は欅坂のみで、この点からも欅坂の一般訴求は他作品とは段違いであることが分かる結果となった。

◎週間セールスシングルチャート“Top Singles Sales”
(2016年8月8日~8月14日までの集計)

1位『世界には愛しかない』欅坂46 37.5万枚
2位『Pink Champagne』E-girls 6.8万枚
3位『夏味ランデブー』M!LK 2.9万枚
4位『絶対零度θノヴァティック/破滅の純情』ワルキューレ 2.5万枚
5位『クロスロード』フェアリーズ  1.9万枚

※表示枚数は概数となります。

関連記事リンク(外部サイト)

【先ヨミ】欅坂46、ドラマ主題歌シングルが35万枚で暫定首位! E-girlsの夏シングル第2弾も前作超えで奮闘中
【先ヨミ】ソンジェfrom超新星の『It’s Time』が2.1万枚で現在首位、西野カナ『Just LOVE』は今週も4位と好調
SMAPの解散報道がアメリカでもニュースに、ファンによる購買運動がセールス数にも大きく影響

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP