ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

旅するように芸術に出会う「あいちトリエンナーレ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE日曜朝9時からの番組「SMILE ON SUNDAY」(ナビゲーター:レイチェル・チャン)のワンコーナー「THERMOS SMILE LABO」。8月14日のオンエアでは、現在開催中の「あいちトリエンナーレ2016」を紹介しました。

3年に一度の国内最大級のアートの祭典「あいちトリエンナーレ」。会場は、名古屋・豊橋・岡崎ですが、開催初日にレイチェルが向かったのは、メイン会場の愛知芸術文化センター。そこで、芸術監督を務める港千尋さんにお話を伺いました。

3回目を迎える同イベントのテーマは、「旅」。

「旅は移動しながら、動きながら、いろんな風景や人と出会うわけですが、旅と同じように、動きながら作品と出会う。それが一番の特徴だと思います」(港さん、以下同)

国内外の多くの作家さんが参加しており、海外からは38カ国が参加。3会場での開催ですが「この会場だけでも、地球を何周もできるような構成になっています」とのこと。

同イベントでは、想像上の地図を書き起こすアート作品を作る作家のジェリー・グレッツィンガーさん、大きな真っ白い部屋に日本画の顔料「新岩絵具」でさまざまな模様を描く大巻伸嗣さんなど、個性的なアーティストたちの作品を見ることができます。

その後、長者町繊維街や豊橋まで移動し、さまざまなアートに触れ、アーティストたちと話したレイチェルは「アーティストさんの斬新な発想だけではなく、街の歴史的な背景やつながりも深く掘り下げているので、何層にも楽しめる作品が多かったんです。そういったあたりも楽しんでいただければ」と来場を呼びかけました。

「あいちトリエンナーレ2016」は、10月23日までの開催です!

【関連サイト】
「SMILE ON SUNDAY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/smileonsunday/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP