体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

漆黒の立ち食いそば!? 噂の「暗黒汁」を浅草橋で飲み尽くす!

漆黒の立ち食いそば!?  噂の「暗黒汁」を浅草橋で飲み尽くす! f:id:Meshi2_IB:20160526220848j:plain

メシ通レポーターのハガです。台東区は浅草雷門に会社があるので、とても身近な東東京のおいしい情報を発信しています。

今回ご紹介するのは、近年「街」と「ものづくり」の魅力に触れるイベント「モノマチ」の開催などで、にわか注目を浴びている東東京・浅草橋にあるこのお店。

「スタンドそば 野むら」。

f:id:Meshi2_IB:20160526220842j:plain

一見なんの変哲もない立ち食いそば店なのですが、口コミサイト等では「暗黒汁」として騒がれ、孤高の存在感を放っているまさに立ち食いそば界の「黒いカリスマ」。

f:id:Meshi2_IB:20160526220843j:plain

かけそば(300円)

全てを飲み込む漆黒の海。圧倒的な黒い汁。

f:id:Meshi2_IB:20160526220849j:plain

寸胴では、グツグツと火が通り湯気がたちこめ、まるでコールタールのよう。

f:id:Meshi2_IB:20160526220845j:plain

そばにも十分すぎるほど染みこむ「暗黒汁」。

それにしても、いったいなぜこんなにも黒いのでしょうか?

というわけで店主に聞いてみました。

f:id:Meshi2_IB:20160526220851j:plain

▲「スタントそば 野むら」店主の野村さん

──なぜこんなにも汁が黒いのですか?

店主「黒くするつもりはなかったんだけど、黒くなっちゃんだよね」

なんと。そこには、1点の曇りもそして腹黒さも何もない真っ白で自然体なご回答。

店主「汁も麺もこだわっているところがないんですよね。この麺には、この産地のそば粉なんだ! 出汁はこの産地でなければいけない! という、こだわりは一切ないです(キッパリ)」

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。