ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

okadada×DJ TARO最近の音楽シーンは…

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE土曜深夜1時からの番組「CLUB SOUNDS VIRABRATION」(ナビゲーター:DJ TARO)。8月6日のオンエアでは、渋谷の「SOUND MUSEUM VISION」と中継をつなぎ、DJのokadadaさんが現場の様子を伝えました。

okadadaさんは、2009年にUstreamの生放送プレイが話題になり、その後、ネットレーベル「Martine Records」などから作品をリリースしています。中学生の頃、ヒップホップが好きで、友人に誘われたことがきかっけでDJを始めたそうです。

この日開催されたイベント「DIGITAL NATIVE」。どんなイベントなのか聞いていると…

「僕からするとVISIONってすごく華やかな場所なんですけど、それにしては挑戦的というか渋い音楽がかかってるイベントですね。最近のテクノ、インダストリアルだったり…でもリズムを少し崩した感じのおもしろい音がかかってます。ゲストがJim-E Stackなので」(okadadaさん)

とのことです。会場では和やかに踊っている人が目立ち、良い雰囲気のようでした。そして話題は最近のクラブシーンの話に…

okadada:今は分断化がだいぶ進んでいると思っていて。すごく派手な音楽とそうじゃない音楽があまり交わらない部分があるので、それぞれがうまくいけば良いと思います。

DJ TARO:今はパーティー感とクラブの感じが分かれちゃってる部分がありますよね。

okadada:時代の流れもあると思うんですけど、それがもう少し上手くいくと、全体が楽しくなるかと。

DJ TARO:僕らのときって、自分の好きな曲がかかるのはもちろん嬉しかったけど、「なんだろこの曲、知らないけどかっこいい!」っていうのがありましたよね。

okadada:そういう好奇心みたいなのが僕にとってクラブに行くとき大事だったので。まぁ、どっちも上手く両方が立てばいいかと。

DJ TARO:我々もみなさんに、そういう好奇心を与え続けていける存在でありたいですね!

okadada:そうですね!

その後、okadadaさんのDJプレイも生中継! これを聴いたDJ TAROは、「いやぁ〜okadadaさん、攻めてましたねぇ〜!」と絶賛。クラブに出かけたくなるオンエアでした♪

番組では、毎回さまざまなジャンルのゲストをお迎えし、クラブカルチャーに精通する音楽やファッション、アートなどの情報を発信しています。土曜深夜1時からの放送をどうぞお聴き逃しなく!

【関連サイト】
「CLUB SOUNDS VIRABRATION」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/virabration/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP