ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy On7(2016)はExynos 7870プロセッサや3GB RAMを搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Galaxy On7 の 2016 年モデルと見られる「SM-G610F」がベンチマークアプリ GeekBench の公式サイトに現れました。昨年の「SM-G600」シリーズが Galaxy On7 の 2015 年モデルだったので、今回の SM-G610F は型番の規則性から Galaxy On7 の新モデルと見られます。GeekBench に掲載されている情報によると、SM-G610F は、Android 6.0 や Exynos 7870 1.59GHz オクタコアプロセッサ、2,828MB RAM を搭載しています。2015 年モデルが 1.2GHz 駆動のクアッドコアプロセッサや 2GB RAM を搭載していたので、2016 年モデルは大幅にスペックが向上していると言えます。Source : GeekBench

■関連記事
Xperia TX / V用の公式TWRP 3.0.2.0がリリース
インドのスマートフォン出荷シェア、Androidが全体の97%に
ZenFone 3 ZE552KLはデュアルSIMの3G / LTEの同時利用が可能

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP