ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

インドのスマートフォン出荷シェア、Androidが全体の97%に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

市場調査会社 Strategy Analytics が公開した 2016 年 Q2 のインドにおけるスマートフォンの出荷データによると、全体の 97% にも及ぶ台数が Android だったことが分かりました。インドにおけるこの期間の総出荷台数は前の年の同じ期間よりも 19% 多い 3,070 万台でした。全体のうち、Android を採用した端末は全体の 97% を占める 2,980 万台と、前の年の同じ期間よりも 28% も増加。Android のシェアは 7% も増えています。つまりほぼすべてのスマートフォンが Android ということになります。同社の見解だと、現在のインド市場は米国と中国に続く世界 3 位で、従来はローコストモデルに集中していたものの中価格帯の拡大も進んでいるそうです。Source : Strategy Analytics

■関連記事
ZenFone 3 ZE552KLはデュアルSIMの3G / LTEの同時利用が可能
Sony Mobile、XperiaのCM曲「VOICES」で初音ミクとコラボした新バージョンを公開
リオ五輪のメダルや最新情報をGoogle Nowでプッシュ通知する方法

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP