ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

手のひらがスマートフォンに!?未来的すぎるウェアラブルのプロジェクトが公開中

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
eyeCam

ひと昔前から考えると誰もがスマートフォンを持つ現代は十分に先進的だが、ゆくゆくはスマホを手のひらの上で操作する、そんな未来的なウェアラブルデバイスが登場するのかもしれない。

カリフォルニアに拠点を置くeyeCam社は4日、ユーザーの手にバーチャルなスマートフォン・インターフェースを投影するデバイスの資金調達プロジェクトを開始した。

・ユーザーの手をタッチスクリーン・ディスプレイに?

このほどCrowdfunderに公開されたのは、同社が一言で「ウェアラブル・スマートフォン」と説明するデバイス「eyeHand」。eyeCam

eyeHandは内蔵のプロジェクターを利用し、ユーザーの手と指をタッチスクリーン・ディスプレイや3Dマウスに変えてしまうというデバイスだ。

電話はもちろん、地図を見たり、写真を撮影・シェアしたりと活躍しそうなシーンは多岐にわたる。スマートフォンを持つ手を自由にしながら、スマートフォンを操作できるようだ。

・目標額は最高1000万ドル!

eyeCam

いくつもの特許技術を利用しているeyeHandだが、なかでもプロジェクション・ディスプレイ、3Dマッピング、3Dインターフェース、そしてバイオメトリクス認証の4つが中心となる技術とのこと。

「私たちは製品や技術の開発を、他の企業が製品を作り、販売するために行っている」とメッセージを掲げている同社。

目標額は最高1000万ドル(約10億円)と非常に大規模なプロジェクト。未来的なウェアラブルデバイスは実現するのだろうか。

eyeHand

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。