ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Googleは2016年のNexusで設定メニューをタブ化、Night Lightやダブルタップでスリープ中の画面に通知などを表示する機能も追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google は 2016 年の Nexus スマートフォンで、「設定」メニューをタブ化するほか、Night Light やダブルタップで画面上に通知を表示する機能を新たに導入する模様です。Android の設定メニューはこれまで一枚のシートで構成されており、Android N Developer Preview 版でスライドメニューが追加されることを既に確認しています。しかし、Nexus 向けの設定メニューは「All」と「Support」のタブに分かれているというのです。「Support」に表示される項目についてはまだ分かっていません。Night Light は、Developer Preiew 版では「夜間モード」と呼ばれていたとされていますが、デモの画像によるとどうやらブルーライトフィルターのようです。最後の新機能は、画面をダブルタップすると暗い背景のディスプレイに時刻や通知を表示する機能のようです。Motorola スマートフォンの「Moto ディスプレイ」にも似た機能と言えます。Source : Android Police

■関連記事
Nexus “Marlin”に関する新情報。Samsung製AMOLEDパネルを採用か?
OnePlus、欧州と香港におけるOnePlus 3の販売を一時停止、在庫不足が原因
BlackBerry DTEK50が米国のAmazonで発売された模様

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP