ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まるで木の内側から発光しているみたい…♡温かな光を放つウッドランプ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

キャンプファイアーや焚き火の温かな炎のゆらめきを思わせる、ステキなランプを見つけました。

・素材の美しさをそのまま活用

「Modern Lighting Wood Light Sculpture」は、カリフォルニアを拠点に活動するデザイナー、Paul Foecklerさんが薪をランプとして生まれ変わらせた作品。

森林保護に努める米国のNPO、National Forest Foundationから譲り受けたオニヒダの木材を使用したものです。

自然の持つ美しさを作品を通して伝えたいというPaulさんらしく、どのランプも木の形をそのままに残したナチュラルかつミニマルなデザインが魅力的。

・どんなインテリアにもマッチ

木材の中にLEDが設置されていて、輪切りにカットされた木のすき間から漏れ出る光がなんとも味わい深い雰囲気を醸し出します。

まるで木が自ら発光しているようにさえ見えてくるから不思議ですよね…!

ナチュラルやモダンなインテリアはもちろん、和室にもマッチしそうなこれらのランプは、Etsyのショップ「SplitGrain」で販売中。

木になる方はぜひチェックしてみてくださいね♪

Etsy(SplitGrain)
https://www.etsy.com/jp/shop/SplitGrain?ref=l2-shopheader-name

・インテリア(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP