ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エンジニアがガブ飲みしてる! 米国ロサンゼルスの「コールドプレスジュース」はアレに効くらしい!?【メシ通 in LA】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

はじめまして! メシ通ロサンゼルスレポーターの小野です。

「人種のサラダボウル」なんて呼ばれ方をすることもある、移民の多いこの街に住むようになって4年になります。

人やカルチャーが入り混じるからこそ生まれる、ユニークな食べ物も多く、日本人の私から見ると「ナニソレ!?」と驚かされることも。

そんなLAの食のトレンドを、どうして生まれてなぜ流行ったのか、なるべくわかりやすく紐解いてレポートしていきます!

野菜やくだもの、食べてますか?

さてさて、皆さん。

「生野菜や生のくだもの、食べてますか?」

“カラダにいい”とは分かっていても、

洗って、皮をむいて、切って、噛んで噛んで噛んで! ……と、

考えただけでめんどくさいですよね。

LAではこの20年ほど、野菜やくだものを火を通さずに食べて、ビタミンや酵素をまるっと摂りましょう、という「ローフード」な食習慣が人気です。

そんなことから、“カラダにいい”ものを、できるだけ手間をかけずに、おいしく食べたい! というニーズを満たすものが生まれては、またたく間に広まります。

とくに今、街のあちこちで見かけるのが、「コールドプレスジュース(Cold Pressed Juice)」の専門店です。

栄養満点! LAでは生ジュースがブーム

「コールドプレスジュース」って、何かというと……。

野菜やくだものを特殊なジューサーでゆーっくりしぼって、栄養と水分だけを抽出した、100%天然成分の生ジュースのこと。

健康志向の高い人が集まるエリアでは、東京でコンビニをみかけるのと同じぐらいの頻度で、ジュース店を目にするんです!

朝からジュースができるのを、並んで待つ人々がいたり、

24時間ジュースが欲しい人のために、おしゃれな自動販売機を設置するお店まで!

ブームの火付け役は、美容に敏感なハリウッドセレブたち。

しかし最近ではこのジュースを、LAにオフィスをかまえるIT企業が、せっせと従業員にふるまっているそうなのです。

そのなかでも、あのGoogleが、社員に飲ませているジュースがある、というウワサを耳にして、さっそく私も試しに行ってきました!

Google社員もガブ飲みするジュースって?

やってきたのは、LAの海岸沿いにある“シリコンビーチ”。

ここはLAに誕生した、IT系の起業家たちの集まるエリアです。

取材を申し込んだお店はどこかな……とキョロキョロしていると、

グリーンのトラックがやってきました!

フードトラックならぬ、ジューストラックの「JUICEBOX」です!

こちらが、創業者のロバートさん。こんにちは!

──IT系企業にお客さんが多い、ってほんとですか?。

ロバートさん:そうなんだよ。 Googleにも、シリコンビーチのコワーキングスペースにもよく呼ばれるよ。

アメリカ最大規模の野外フェス「コーチェラ(Coachella)」にも出張営業してるんだよ。

起業のきっかけは「自分がジュースにハマったから」

──そもそも、なんでこのビジネスを始めたの?

ロバートさん:3年前に、友だちのロビーと男2人で起業したんだ。

当時、僕は投資銀行に勤めていて、ロビーは自動車会社のCADデザイナー。

お互いに激務続きでね。

忙しくても野菜をしっかり取れる方法を探そう! って、2人でいろんな料理を作って、レシピを研究して、たどり着いたのがこのジュースだよ。

おいしいジュースのレシピを作るのに、とても時間がかかってね。 「もしかしたら、同じ悩みを抱えている人がたくさんいるかも?」と思ったのが、ジュース屋を始めたきっかけだね。

──なんでお店じゃなくてトラックにしたの?

ロバートさん:忙しい人にこそ、飲んでほしいからだね!

わざわざお店まで来てもらわずに、こっちからお届けできるようにしたんだ。

このグリーンのトラックはフルカスタマイズで、内装はぜんぶロビーが設計したんだ。

クリーンディーゼル車だから、環境にも優しい車だよ。

ボトル1本に入っている野菜は、なんと1.4キロ!?

──ジュースにはどんな素材が入っているの?

ロバートさん:8つの専門農家さんと直接契約していて、ケールやほうれん草、リンゴなどのメインの材料は、そこから仕入れているよ。ジュースは素材の鮮度が味に直結するから、ほとんどが地元カリフォルニア産なんだ。

たとえば、うちの看板メニューの「ケールボックス(KALEBOX)」。これにはケールやほうれん草などの生野菜やくだものを、1本当たり合計1.4キロも使っているよ。

1.4キロっていうと、こんなに山盛り!

サラダで食べようと思っても、ちょっと食べきれない量だよね。

──ジュースはどうやって作っているの?

ロバートさん:コールドプレスジューサーっていう、業務用マシンを使うんだ。

創業当初はトラックのなかで作っていたんだけど、1杯分を抽出するのに10分ぐらいかかるから、今は専用キッチンでしぼってボトリングしている。

毎朝工場で作ったジュースをトラックに乗せて、その日のうちに売り切るよ。

人気ジュースには眼精疲労の予防成分も

──『メシ通』読者におすすめのジュースは?

ロバートさん:Googleでも一番人気だった、「ケールボックス(KALEBOX)」だね。

メインに使っているのがケール。

βカロチン、ビタミンC、ビタミンEが豊富で、眼精疲労を予防する、ルティンも摂れるんだ。PC作業の多いエンジニアさんには、ぜひ飲んでほしいね!

すっきりした甘みは、青リンゴとショウガを入れているから。フルーツは極力少なめにして、糖分を控えめにしている。甘いのが苦手な男性にもオススメだね。

──どんなときに飲めばいい?

ロバートさん:コールドプレスジュースは、しぼる工程で不溶性の食物繊維がとりのぞかれるから、消化吸収が早いんだ。

朝食やランチ代わりに飲む人も多いみたいだけど、ヘルシーなおやつとして、食事にプラスして飲んでもらえるとベストだね!

ビーチに行って飲んでみた!

ロバートさんおすすめのジュース「ケールボックス(KALEBOX)」を、私もいただいてみることに。

16オンス(473ml)入りのボトルが1本が8ドル(約845円)と、ジュースにしてはドキドキするお値段。それでも1.4キロ分のオーガニック野菜を自分で買ったら、物価の高いLAでは軽く10ドルを超えるので、お値打ち! といっても、いいのかも!?

せっかくなので、青い海を眺めながら飲もうと、ベニスビーチへ移動。

青い空、白い砂浜に映える、濃いグリーン。濃すぎる。

見た目は、まるで青汁のよう。これは冷えているうちに飲み切りたいっ!

よーく混ぜて、まずはひとくち、ゴクリ……。

……青臭いかと思いきや、青リンゴの甘酸っぱさと、ショウガの香りがきいていて、すっきりした後味。なによりも、コールドプレスという製法のおかげで、繊維質が含まれていないから、口当たりがサラリ。これはグビグビ飲めそうです!

充実したランチタイムで仕事力アップ!

「JUICEBOX」を会社に呼んで、従業員にふるまうGoogleをはじめ、米国の西海岸では、福利厚生としてヘルシーなランチを提供する企業が増えています。

その背景には、 おいしくて健康的なランチを売りに、いい人材を確保しようという狙いもあるのだとか。

また、社員が充実したランチタイムを過ごすと、会社側にもメリットがある、なんて研究も。マサチューセッツ工科大学発のスタートアップ、Sociometric Solutionsが行った調査によると、「大人数でランチをする人のほうが、一人で食べる人より、ストレスレベルが低く、仕事の生産性も上がる傾向にある」そうですよ。

特別なジュースでなくとも、みんなでワイワイ食べれば、仕事にもいい効果が期待できるかも。ということで、まずはぜひ、職場の仲間たちを誘って、ランチタイムを満喫してくださいね!


お店情報

JUICEBOX(ジュースボックス)

住所:1423 Abbot Kinney Blvd, Los Angeles, CA 90291 USA ほか

電話番号:+1 (310) 564-6649

営業時間:10:00~17:00

定休日:不定休

ウェブサイト:http://www.thejuiceboxtruck.com/

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:小野晶子

横浜出身。IT企業をさすらい、気づけば一児の母に。メシ通読者の好奇心や食欲を刺激するレポートを、米国・ロサンゼルスからお届けしていきます。

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

強がりじゃない? 1人でも楽しい「ソロ充」メシ3選!
「Seasar2」開発者・比嘉康雄氏が求めるエンジニアの理想的なワークスタイル・食・結婚とは?

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP