体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

中世が香るバルト海沿岸の港町、ポーランドのグダンスクが美しい

バルト海沿岸にあるグダンスクは古都クラクフと並び称されるポーランドで最も美しい街のひとつ。日本での知名度は高くありませんが、ヨーロッパでは屈指の観光地の一つとして人気を集めるグダンスクの魅力をご紹介しましょう。

中世が香る港町・グダンスク

中世が香るバルト海沿岸の港町、ポーランドのグダンスクが美しい

グダンスクの街は1000年以上の歴史を誇り、14世紀にはハンザ同盟の一員として繁栄しました。一方で、自由都市、ポーランド領、プロイセン領と、所属をたびたび変えてきた激動の歴史をもっています。第二次世界大戦で壊滅状態となりましたが、戦後もとの姿に忠実に復元され中世の面影が残る街並みを取り戻しました。

中世が香るバルト海沿岸の港町、ポーランドのグダンスクが美しい

海運都市としてさまざまな国と交流したことから、ヨーロッパ諸国の影響を受けてゴシック、ルネッサンス、バロックといった建築様式が混じり合い、他のポーランドの都市とはまったく異なる異国情緒が感じられます。

中世が香るバルト海沿岸の港町、ポーランドのグダンスクが美しい

かつて自由都市のステイタスを持っていたグダンスクはポーランドの民主化運動のさきがけとなった反骨精神が生きる街。ポーランドの他の都市にはない、コスモポリタンな雰囲気漂うグダンスクを歩いてみましょう。

■関連記事
歴史を感じる旅へ。街全体が世界遺産、美しいヨーロッパ10選

http://tabizine.jp/2016/05/19/76769/

高い門

中世が香るバルト海沿岸の港町、ポーランドのグダンスクが美しい

1588年に完成した重厚な門がグダンスク旧市街への玄関口。ここからグダンスクの王の道「ロイヤルロード」が始まります。門にはポーランド王国とプロイセン公国、グダンスクの紋章と「あらゆる王国の柱となるのは正義と敬神」という言葉が刻まれています。

囚人塔

中世が香るバルト海沿岸の港町、ポーランドのグダンスクが美しい

高い門と黄金の門のあいだにある中世の城壁のような塔で、もともとは14世紀に街の防衛のために築かれたものです。刑罰が執行された「拷問の家」と17世紀から19世紀にかけて刑務所として使われた「牢獄のやぐら」からなっています。

現在内部は琥珀博物館となっており、世界最大級の琥珀でできた像など、ポーランドの特産品である琥珀に関する興味深い展示が見られます。

黄金の門

中世が香るバルト海沿岸の港町、ポーランドのグダンスクが美しい

1614年に完成したオランダ・ルネッサンス様式の凱旋門で、ここをくぐって王の一行が街に入ったといわれています。
門の上の彫刻は平和・自由、裕福、名声、調和、正義・敬神と賢明を表しています。周囲のカラフルな建物とあいまって、おとぎの世界のような可愛らしい光景を生み出しています。

市庁舎

中世が香るバルト海沿岸の港町、ポーランドのグダンスクが美しい
1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。