体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

忘れらんねえよ、〈ツレ伝サマー〉で大熱演 カッコイイ新曲も披露―OTOTOYライヴレポ

忘れらんねえよ、〈ツレ伝サマー〉で大熱演 カッコイイ新曲も披露―OTOTOYライヴレポ

7月19日(火)恵比寿リキッドルームにて、忘れらんねえよが打首獄門同好会をツレに2マン・ライヴ〈ツレ伝サマー〉を開催。サポートメンバーを迎え、新曲も披露するなど、新章のスタートに相応しい大熱演を見せた。

3月のTSUTAYA O-EASTでの最高にカタルシスのあるツアーファイナルを経て、再びの〈ツレ伝〉。

この日はサポートメンバーとして〈JAPAN JAM BEACH〉でもライヴにも参加していたロマンチック☆安田(爆弾ジョニー)がキーボードとギターで参加することが事前に発表されており、ロングセットのライヴにどんな変化を与えてくれるのか注目された。

開演前、幕間からATフィールドP青木氏が首からレイを下げた“サマー推し”の姿で前説に登場。カミカミなMCで和ませると打首獄門同好会を呼び込んで〈ツレ伝サマー〉がスタートした。登場するやマネージャー兼VJサカムケがフロアを煽る。「会長」こと大澤敦史(Vo.Gt)が7弦ギターを構え、オリエンタルなリフを弾きだして「TAVEMONO NO URAMI」からライヴがスタート。VJの歌詞と映像があるので初めて観る観客にも非常にわかりやすい。河本あす香(Dr)が叩きだすリズムに髪の毛を振り乱して合わせるJunko(B)。いきなり怒涛の音塊にリキッドルームの床がドドド…と振動している。

MCでは会長が、以前柴田と飲んだときに返しそびれた1万円を2月の〈ツレ伝〉新潟公演の際に封筒に入れて返したものの、終演後ステージに置き去りにされた、というエピソードを披露すると「忘れられてたよ~ベイベー」と歌い出す。すると会場中が大合唱で右手を振って応え、早くもエンディングのような光景に。「今日は忘れられないように」と、デカい封筒をステージ上の〈ツレ伝ツアー〉バックドロップに貼り付けた。「カモン諭吉」でジャンプする観客たち。福沢諭吉 樋口一葉、新渡戸稲造、次々とテンポ良く登場するお札になった偉人の名に合わせて反応するファンたち。怒涛のヘヴィロック・サウンドを意味がないようであるような、それでいてやっぱりバカバカしくも歯切れ良いリリックとともに放っていく楽曲はオリジナリティの塊。よく考えたら洋楽ヘヴィロックの歌詞なんてあまり考えて聴いてなかった気がするからこれでよいのだ。8月にリリースする新曲「島国DNA」では海の日にかけてマグロが三匹フロアを回遊したり「猫の惑星」ではスクリーンに映る猫イラストかわいかったり、「New Gingeration」では岩下の新生姜ヘッドをかぶりコール&レスポンス、大合唱。さらに「デリシャスティック」ではステージから配られたうまい棒が数え切れないほど天高く掲げられた。「忘れらんねえよにまた呼んでもらえて嬉しいです。〈ツレ伝ツアー〉、素晴らしいツアーだと思います。色んなバンドと出会って、みなさんの音楽人生がより実り豊かなものであったら嬉しいです。ありがとうございました!」とメッセージを送り、ラストは「日本の米は世界一」。最高に娯楽的な轟音で楽しませてくれた。

忘れらんねえよのライヴ開始前は、PANの「想像だけで素晴らしいんだ」等、これまでのツレの曲が流れる中、いよいよ場内暗転。柴田隆浩(Vo.Gt)はフロアの後ろ、PA前に姿を現すと、「俺をステージまで運んでくれー!」とうつ伏せでお客さんの頭上をステージに向かって出発。無時到着すると、梅津拓也(Ba)、マシータ(Dr)、ロマンチック☆安田(Key.Gt)と並んでSEXジャンプならぬ“SEXYジャンプ”をキメた。1曲目は「サンキューアイラブユー世界」。柴田が弾くギターのアルペジオに安田がキーボードのシンプルなコード弾きを刻んで行く。浮遊感ある音色が意外なオープニング曲の存在感を際立たせた。“いつも叫んでるあんたが好きだよ”という最後の一節をためにためて会場中に響き渡らせる柴田。声の調子が良さそうだ。すかさず「バンドやろうぜ」へ。イントロからすでに観客は図上に両手を掲げて手拍子でバンドを盛り立てる。「みんなキラキラしてんなー! 打首のライヴのときから最高だったんだよ!」と叫ぶ柴田。サビでは早くも大合唱だ。そうか、この曲がライヴで披露されるとき、みんな忘れらんねえよと一緒にバンドをやっているのだ。

最後の“さあバンドやろうぜ”をみんなで歌ってから、「踊れー!」と忘れ流ダンスチューン「体内ラブ ~大腸と小腸の恋~」が始まった。安田がギターにもちかえている。そして、スタジオ・バージョンの間奏が復活。安田が前に出てギター・ソロを弾いていると、フロントで柴田にキスを迫られるものの危機一髪、なんとか回避。久々に間奏ありの演奏を聴いたが、やはり後半の盛り上がりが格別になる気がするのでこのバージョンは断固支持だ。

1 2 3次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。