ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、AQUOS SERIE SHV32のAndrodi 6.0アップデートを開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDI は 8 月 1 日、シャープ製 Android スマートフォン「AQUOS SERIE SHV32」の Android 6.0 アップデートを開始しました。今回のアップデートで SHV32 の OS バージョンは Android 5.0 から Android 6.0 に刷新され、Android 6.0 の新機能が利用できるようになるほか、シャープ独自の変更により操作性が向上します。アップデート後のビルド番号は「01.01.05」です。Android 6.0 では、ホームボタンを長押しすると画面の情報を読み取り文脈に合わせた情報やメニューを表示する「Now On Tap」、共有メニューに対応アプリのコンタクト情報を表示してよく利用する人にダイレクトにシェアできる「Direct Share」、URL を開くアプリを事前に決定でkる「App Links」が利用可能になりました。また、スリープ中にアプリの活動を抑制して電力消費を抑える「Doze」モードも利用できるようになっています。UI の変更点は、通知パネルとアプリ履歴画面で、通知パネルは Android 6.0 仕様に変わり、スライダーで輝度を調節したり、Wi-Fi のアクセスポイントや Bluetooth 機器の一覧を表示して接続先を変更できるようになりました。アプリ履歴画面も Android 6.0 仕様のデザインに変わり、閉じる前の状態を見ながらアプリを切り換えることが可能になりました。Source : KDDI

■関連記事
ソフトバンク、スマートフォン向けのショッピングサイト『ソフトバンクモール』を8月9日にオープン
Android 7.0 NougatのGoogleカメラではEV値の調節が可能
J:COM Mobile、LG X Screenを8月18日に国内発売、オリジナルカラーで展開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP