体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

外国人が選んだ日本のトップ10レストラン、人気の理由は?

外国人が選んだ日本のトップ10レストラン、人気の理由は?

日本にたくさんの外国人観光客が遊びに来てくれるようになりましたね。そんな旅行者はどのようなお店を旅先で選んでいるのでしょうか?

今回は、世界最大の旅行口コミサイトであるトリップアドバイザーが発表した「外国人に人気の日本のレストラン ランキング 2016」の結果から、外国人に人気がある飲食店の特徴をまとめます。

■あわせて読みたい
【実話】日本を訪れた外国人が本気で感動する12のこと
外国人に人気の都道府県とは?日本人のランキングとの違いは?
ディズニーやUSJを超えた!外国人がツイートする日本の観光名所第1位は?
外国人旅行者が日本で体験してみたい19のこと
【外国から見た日本】外国人が来日時に見てる「日本ガイド」が面白い!

特徴その1:“ジャパニーズ感”が満載のお店

外国人が選んだ日本のトップ10レストラン、人気の理由は?
(C) facebook/神戸鉄板焼 白秋

最初に挙げられる人気の飲食店の特徴は、やはり“ジャパニーズ感”たっぷりのお店。

上述のレストランランキングでも、8位には『士心 サムライカフェ&バー&レストラン』(京都府京都市)、9位には『神戸鉄板焼 白秋』(東京都渋谷区)などが入っていました。

8位の侍カフェはまさにジャパニーズがコンセプト。三味線のライブが開かれたり、武士道講座、着付け教室が開催されたりと、日本文化の発信も行っている志の高いレストランですね。

9位の『神戸鉄板焼 白秋』で提供される神戸牛は、Kobe Beefとして世界の人から知られる日本の代名詞。同店は50年以上の歴史を誇る名店としても知られています。もちろん神戸牛だけでなく、エビやイカなど海鮮物の鉄板焼きも目の前で楽しませてくれますよ。

10位の『おおつか』(京都府京都市)も、国産黒毛和牛のステーキやローストビーフなどを食べさせてくれるお店です。「日本酒のセレクトも絶妙だ」との評価も。立地も京都の嵐山ですから、まさに外国人観光客にはぴったりのお店ですよね。

特徴その2:ローカル&フレンドリーなお店

外国人が選んだ日本のトップ10レストラン、人気の理由は?
(C) facebook/平安楽

外国人旅行者に人気のお店として、地元民の生活をどこか感じさせてくれる大衆酒場のような雰囲気があったり、英語のできるフレンドリーな店員さんが居たりするお店も人気です。

私たちも旅先の海外で、地元民が集まる飲食店に入るとテンションが上がりませんか? 「私、溶け込んでる~!」と得意な気持ちにもなれるからですね。さらに店員さんが日本語を多少しゃべれるとなったら、一気に親近感がわいてしまいますよね。

上述のランキングでも1位に『平安楽』(岐阜県高山市)、3位に『餃々 三条木屋町店』(京都府京都市)といったお店が入っていました。

『平安楽』は手ごろな価格でおいしい料理を食べさせてくれる中華料理屋さん。日本食ではありませんが、オーナーの日本人は英語のスピーチコンテストで優秀賞を取るほどの方。英語での接客もあり、外国人観光客にも「居心地がいい」と極めて高い評判を受けています。

3位の『餃々 三条木屋町店』は、全国チェーンの餃子屋さんですね。餃子のおいしい居酒屋チェーンといった感じ。何かとお金のかかる旅先で安くおいしく気軽に食べさせてくれる上に、フレンドリーな英語対応まであるとなれば、さすがに旅行者は集まりますよね。

特徴その3:個性豊か&エンターテインメント性のあるお店

外国人が選んだ日本のトップ10レストラン、人気の理由は?
(C) facebook/Kuma Kafe

最後は個性あるスタイルを追及していたり、エンターテインメント性があったりするお店。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会