体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

宇宙人にも教えてあげたい! 青森・八戸で花が咲き乱れるファンタジックな海岸と絶品海鮮を食べる旅

160719-131

青森県南東部に位置する八戸市。そこには宇宙人にも教えてあげたいような、不思議に美しい海岸があると言う。暑い東京から約3時間、新幹線で八戸へ向かった。

潮風に吹かれて、みちのくの海岸を歩く

160719-008

JR八戸駅から車で20分ほど走ると、三陸復興国立公園の玄関口、蕪島(かぶしま)神社に到着。古くからウミネコの繁殖地として有名で、毎年3月~8月に、約3万匹のウミネコが飛来する。

160719-014

蕪島はもともと孤島だったが、太平洋戦争中に埋め立てられて陸とつながり、人間の間近にウミネコが飛来する非常に珍しい場所となった。国の天然記念物に指定されている。

160719-017

ウミネコは漁場を知らせる神様の使い。親鳥はカモメに似ているが、体格は一回り小さい。
ウミネコの名の通り「ニャァニャァ」「グァガガガガガガ~!」と大音量で鳴き、かなりうるさい。人間には関心がないらしく、むしろ邪魔くさそう。

160719-020

ウミネコの幼鳥。親とほとんど変わらない体格だが、地味な色で鳴き声が「ピィー、ピィー」と可愛い。好奇心旺盛で人間にも興味津々。

160719-022

今は幼鳥たちが飛ぶ練習をしている最中。8月上旬には全てのウミネコたちが南方に帰っていく。

160719-021

ネイチャーガイドの田向さん曰く、「今年は縄張り争いが激しい」そう。幼鳥の中にも頭にケガをしていたり、足が1本なかったりするのも見られた。

160719-009

震災時、神社の階段の14段目くらいまで津波がきたものの、難を逃れた蕪島神社。しかし2015年の11月に火災に遭い全焼

160719-018

現在は御神像の市杵島姫命(弁財天)様がウミネコたちの間にポツンと佇んでいる。なんとも不思議な光景。
ウミネコは一度繁殖地を決めると変えないらしく、震災後も、火災後も変わらずに飛来する。社はウミネコが去った8月末以降から再建される予定だ。

160719-024

空気を読んだウミネコから、田向さんにウンが……。

160719-029

ウミネコのフンがつくと『開運証明書』をもらえる。

160719-134

仮の社務所は島の下に設置されていて、蕪島のカブ(もともとは菜種の意味)にかけた「かぶあがりひょうたんお守り」もオススメ。

160719-026

蕪島神社は八戸から福島県相馬市までの三陸海岸約700kmをつなぐ『みちのく潮風トレイル』の北端でもある。ここからさらに海岸沿いを移動してみよう。

160719-090

ウミネコウォッチングから種差海岸に向かう途中、立ち寄りたいのが『小舟渡食堂』。

160719-098

磯の岩の上にある、海抜0mの珍しい食堂。

160719-097

ここも震災時には2階の窓ガラスまで津波が来たそうだ。(写真は1階部分)。

160719-094

名物は『磯ラーメン』。塩ベースで、ワカメなどの海藻と、ウニや貝などの旨味が贅沢。

160719-095

麺は細めの縮れ麺。シンプルで優しい味が嬉しい。煮干しでだしを取る醤油系の『八戸らーめん』とはまた違うので、食べ比べるのも面白いかも。

160719-101

小舟渡食堂の裏は『みちのく潮風トレイル』の一部。

160719-103

ちょっと急な斜面があるが、頑張って登れば絶景に出会える。

160719-104

下に見える人たちが小さい!

160719-136

食堂を後に海岸沿いを10分ほど進むと、葦毛崎(あしげざき)展望台。

160719_140a

中世の砦のような展望台はとってもファンタジック。

160719-138

普通の磯とも浜辺とも違う風景は、RPGのフィールドを現実に持ってきたかのような趣もある。ここから種差海岸の遊歩道がスタート。

1 2 3 4 5 6次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。